国産墓石(日本の石)の値段と仕組み・価格表

domestic-boseki

(投稿日) (最終更新日)

(京都市浄土宗総本山知恩院の霊園・日本の石が建ち並んでいます)

日本の石の国内加工は、そんなに高額なのでしょうか?

「仕事で故郷を離れて都会暮らし!もう実家で暮らした時間より長くなりました。父の遺骨と母に、こちらで住んでもらう事にしました。日本の石で墓石をつくってあげたい!でも高いのでしょ?」等のお話しをよく受けます。

食品の消費期限偽装や、毒入り餃子などの悪い印象もあるのでしょう。

石の品質や性能よりも、日本の石を国内で加工してもらう事への想いや、安心感があるのでしょうね!

しかし

「日本の石ならこれくらいは儲けたい!」

「予算はありそうだ!」

等の石材店の思惑や勝手につくられた常識で、かなり高額で販売されています。

高いだろうと最初から日本の石を諦めないでください。

実は、かしこく日本の石でおつくりになっている方が、沢山おいでになります。

このページは、日本の石や国内加工をご要望のお客様に、価格で諦めないで頂か無い為に、おつくりをいたしました。

現在、日本の石で建てられている殆どの墓石が、中国加工されていますが、それを知って購入する方と、国内や購入する石材店でつくられていると思い込んで購入される方がおいでになります。

墓石の流通を大きく分けると、採掘会社、加工工場、石材商社、販売店に分かれていて、販売している石材店がつくっているケースは殆どありません!

ここでは、国産墓石として販売されている墓石にどんな種類があるのか?国内加工と中国加工では、品質や価格がどう違ってくるのかのご説明をしてまいります。

SECTION 1 日本の石の加工には、幾つもの方法があります。

これからご説明する全てが、国産墓石として販売されています。

①採掘会社が中国に原石を販売して、中国が加工した墓石を通常輸入

②日本の石材商社が、中国の工場に加工を委託する委託加工(来料加工)

③日本の工場や商社が、ヤクモノ加工(複雑な加工)だけを中国に委託加工、カクモノ(直線的な加工)を国内で行うミックス加工

④国内で、ヤクモノ加工、カクモノ加工、文字彫刻、磨き等の工程を分業で行う分業加工

⑤一つの工場、または一人の職人が加工する国内加工

④と⑤を純国産墓石として、中国加工の国産墓石と区別がされています。

注意ポイント

純国産墓石には、産地証明、加工者証明、販売者証明が付きます。

産地証明は中国工場も、日本の採掘会社の証明を出してくれますが、一度輸出された石ですから、加工者証明の付いた証明書と比べると信用性は落ちます。

中国商社や中国工場の証明書は、無いよりはましですが、それよりも販売する石材店の目利きが重要です。

SECTION 2  高くても国内加工された純国産墓石なら、いいお墓が出来上がるのか?

残念ながら、そうではありません!⑤の特別な技術を持った職人さんが、丹精込めて作り上げた墓石なら、文句なく国内加工の技術が上回っていて、高くても価値はあるでしょう。

しかし深刻な後継者不足から、国内加工も分業制になり、石の目利きや技術も全てが出来る一部の卓越した職人さんでなくても、未熟な職人さんでも加工ができるシステムに変わっています。

カクモノ加工なら、機材の豊富さと正確さで国内加工ですが、複雑なヤクモノ加工では、毎日加工をし続けている中国の職人さんの方が、技術レベルは高いかもしれません!

注意ポイント

値段は値段だけのものだから、不安な中国加工よりも国内加工が安心だと思い込まないことです。

確かに極上品と呼ばれる様な特別な石は、目利きの出来る職人さんや、一部の業者間で取引されていて輸出はされていません!

しかしそれは、希少価値を求める一部のユーザーさんの為の墓石です。

日本産出の石で墓石をつくることがご希望であれば、委託加工も選択肢に入れていいと考えます。

また、デザインをカクモノ加工にした純国産墓石なら、海上運賃のかかる中国加工と変わらない価格で、墓石をつくることも可能です。

墓石を国内加工するメリットと安く作る方法を参考にされてください。

SECTION 3 国内加工しか出来ない最高級庵治石の極上細目!

「日本の石は高い!」「日本人の人件費が高いからだ!」「日本の石はいい石だ!」「いい墓石だからから高いのだ!」とお話を聞きます。本当にそうでしょうか?

答えは「いいえ」です!

国産材は採掘量が少なくて希少価値の高い石が多いのですが、高額になる原因は、熟練の職人が丹精込めておつくりするから高いのです。

ご参考に、石のダイヤと呼ばれ、世界一高額な庵治石極上細目加工のご説明をさせて頂きます。

庵治石の大丁場画像です。

最も大きな丁場ですが、他の採掘場と比べて小さな山で採掘されています。

石は玉石と岩盤から採掘されます。

山の上部が錆びて、茶色くなっているのが分かりますか?

そうです!世界一高額な庵治でも錆びるのです。

ナガレがあるのが分かりますか?

このナガレを交して墓石がつくられて行きます。

キズがあるのが分かりますか?

東西南北上下左右に入ったこのキズを交して墓石がつくられて行きます。

錆とナガレとキズを交し、更に石目の最も石目が細かくて、その緻密な石目の部分を選んでつくられるのが、下の画像の最高級庵治石の極上細目なのです。

上の画像は、最も色の濃い庵治石をご希望のお客様を、一年お待たせした極極上細目の庵治石です。

お客様にご覧になって頂いてから、墓石に加工されます。

最も細かい5000番研磨まで、何度も丹精込めて磨かれた庵治石は、磨く程に美しく、石面にまだら紋様の(斑・ふ)が浮かび上がって来ます。

山の中から小さなダイヤモンドを探すようにつくられるのが庵治石なのです。

この石の加工が中国加工出来ないのは、気の遠くなるような工程を経てつくられているから高額なのです。

POINT

日本の石だから、国内加工だから高額なのではありません!

匠の技術をお持ちの職人さんが、丹精込めておつくりになるから価値があるのです。

未熟な日本の職人と、中国の熟練の職人さんが丁寧につくった墓石を比べたら、中国加工の方が綺麗かもしれません!

値段が高ければいいお墓では、決してありません!

ご予算と想いに合わせて、日本の石で墓石をおつくりください。

取り扱い石種(国産材)

庵治石(香川県)
青木石(香川県)
大島石(愛媛県)
万成石(岡山県)
北木石(岡山県)
真壁小目石(茨城県)
稲田石(茨城県)
紀山石(福島県)
滝根石(福島県)
天山石(佐賀県)
七山石(佐賀県)
椿石(佐賀県)
内垣石(福岡県)
唐原石(福岡県)

上記以外の石種でも、日本の石種の対応をさせて頂いております。

日本の石の国内加工の価格表

(株)かしこでは、日本の石の国内加工を、石質、施工等を譲らずに、価格を抑えてご提案させて頂いております。

一口に日本の石の国内加工といっても、色々なつくり方があります。

簡単な値段表をご用意させていただきました。

価格は、

基本文字彫刻料金、据え付け工事代金、ステンレスの備品を含んだ完成価格ですが、墓石の大きさ、墓地の広さ、工事条件、基礎工事の要不要で価格が変わってまいります。

ご予算検討の目安としてご使用ください。

下記価格表は全て国内で加工を行った場合の価格です。

茨城県を代表する白色系細目の真壁小目石です。自然焼けが少ない銘石です。

何種類かの大島特級の中から、お選びいただけます。


天山石材の紺碧、銀鋼のお取り扱いもしております。

現在採掘されている中で、最も赤い万成石を、ご提案いたします。

庵治石は、色の濃さ、石目、斑の浮き具合が丁場の位置や時期で、それぞれ違います。

必ずサンプルをお取り寄せして、ご了解を頂いた石でおつくりしています。

金額が高い墓石がいい庵治石だと思い込まないで、現地で比べられるといいでしょう。

極上細目を極極上細目の価格で購入されると、大変高額になります。

極極上の特別な庵治石をお求めのお客様には、庵治町にご案内もしております。

価格は、最高級の極上細目ですが、上級細目、細目もございます。

同じ庵治石でも中目になりますと、格段に価格が下がります。

墓石と納骨室を真壁小目石で、外柵を中国産G623でおつくりしたセット価格です。

国内加工では、デザインが複雑になればなるほど、加工代金が変わってまいります。

ご希望の石種で、デザインを変更しながら、ご予算のご検討がして頂けます。

価格表をご覧になって頂いて、お分かりかと存じますが、墓石本体とカロート(納骨室)部分を国内加工で、外柵部分をインド材等の海外加工にする等、お客様の想いとご予算に合わせて、ご提案させて頂きます。

(日本の石の委託加工・ミックス加工・文字彫りだけを国内加工にする等の対応もして頂けます)

お気軽にご連絡ください。

国内加工の純国産墓石には、石材の産地証明、加工責任者の加工証明、(株)かしこの販売証明をお付けいたします。

産地証明書
国内加工証明書

(株)かしこでは、フリーダイヤルTEL:0120-953-574か、メールmail@kashiko-ohaka.com

FAX 058-392-6529

LINE 電話番号検索(058-322-9888)株式会社かしこ

で無料相談をしております。

郵送でのお見積もり発送も致しますので、お気軽にご連絡ください。