お墓ディレクター

OHAKA DIRECTOR

1級お墓ディレクターがサポート

お墓ディレクターとは、日本石材産業協会の認定資格で、お墓の正しい知識と教養を備え、正しい情報提供と、お墓づくりのサポートを目的としています。

現在、日本に使用される墓石の石材は、300種類を超え、選ぶには、色、風合い、吸水性、耐久性、希少価値など、大変多くの角度で検討しなければなりません。

DSCN0157

お墓ディレクターは、お客様の想い、ご予算、ご要望をお尋ねしながら、品質と価格のバランスのとれたデザインや石材のご提案が出来ます。

製品管理におきましても、1級お墓ディレクター自ら直接中国工場へ出向き、製品の加工工程から完成までのチェックを行っております。

また、仏事にも広く精通し、宗教的な事も安心してご相談ください。

無料相談 (AM10:00~PM8:00 土日も営業)

TJ-1094-SH-B
最近ご相談であったのが、外国産の石を高く買わされたとか墓石が少し傾いていると言ったのに、相手にしてくれなかった等があります。

墓石の値段は墓地(広さ・立地条件)、石材、デザイン等の複数の要因で条件が千差万別です。

一般の方にはその価格が高いのか、安いのか、工事の仕様が適正かどうかの判断は難しいのが現状です。

車や家電品の様に比べることができません。

そのため墓石業界では価格の付け方が不明瞭で心無い一部の業者が適正で無い価格や施工での販売をしています。

またお墓のことをよく知らない業者があたかも知っているかの様に間違った話をして売っている事があります。

「よくわからないうちに買わされてしまった」とのお話をよく聞きますが、良い石材店は親切に対応してくれます。

トラブルの防止には次のことに注意して下さい。

TJ-1016-SH

  • 見積書は全ての費用を含んだ金額で完成の設計図と画像や彫刻字体確認書の提出があること。
  • 石材の原産国の表示の有る契約書が作成されていること。
  • 一定期間の保証があること。
  • 墓石引渡し後のお客様のご要望に対応できること。
  • デザインの地域性、機能性、石の性質、基礎工事、耐震施工などメリットデメリットの詳しい説明がある。

上記の5項目の出来ていない石材店は危険です。

口約束で高額品を売るなどもっての外です。

当ホームページをご覧のお客様におかれましては、新しいお墓をお建てになる方、また過去にお墓を建てていただいたお客様にかかわらず、メンテナンスや仏事のご相談を無料で行っておりますのでお気軽にお電話下さい。