納骨・改葬の手順

how to ceremony

納骨法要の手順

「墓地、埋葬等に関する法律(墓地埋葬法)」でも納骨時期の規定は「必ずいつまでに納骨しなければならない」という決まりはありません。

ただお墓が既にある場合は、一般的に、四十九日の法要当日に合わせて納骨する場合が多いようです。

忌明け法要で親族が集まった時に、納骨式も行うという流れです。

気持ちの整理、お墓の建立等の理由で、永く自宅に置いておく方もいらっしゃいますので、納骨の時期は様々です。

ご自身やご家族が納得するタイミングで納骨されることが大切です。

新たにお墓を建てる場合は、建墓までに2~3ヶ月かかるため、一周忌、お彼岸や初盆といった節目に合わせて納骨をされる場合、新しいお墓が出来上がった時の開眼供養の時に、納骨法要をされる方も多くなりました。

亡くなってから、3ヶ月をまたぐのを嫌い49日より前に納骨する地域や、火葬をされてから、速やかに納骨する地域もあります。

納骨式までの手順

①日程・納骨場所の決定

納骨するには、埋葬許可証が必要です。

これは、死亡届と引き換えに市町村役場や火葬場で受け取ることができます。

このほか、事前に記入しなければいけない書類もあるので、霊園や寺院に確認しておきましょう。

③お寺に法要の依頼

お経を読むといった宗教的な儀式が行われるため、事前に連絡して日程を決めましょう。

法要は、ご家族やご親戚が集まりやすい土日を希望する方が多く、なるべく早めにお坊さんに相談することが良いでしょう。

④石材店に字彫りを依頼


お墓に戒名やお名前を新たに彫る場合は石材店に依頼をしますが、余裕を持って2~3週間はみておくといいでしょう。

(墓石本体に追加彫刻する場合、お性根抜きのお参りをする地域があります)

⑤石材店に納骨式に来てもらう依頼

納骨の日には、石を動かしてお墓の中に納骨をしますが、家族や親族で対応が難しい場合は、事前に石材店連絡して手伝ってもらいます。

(納骨室の入り口を、コーキングでふさぐ地域があります)

⑥納骨に必要な書類の準備

納骨の際には、遺骨埋葬許可証(「火葬許可書」に「火葬執行済」と記載されたもの)を持参します。

霊園墓地を利用するときは、墓や納骨堂の使用名義人の使用許可証と一緒に印鑑を持っていきましょう。

⑦親戚や参列者に連絡

納骨式は基本的に身内だけで行うことが多いですが、電話や招待状で、親戚、参列者に日程の連絡をします。

⑧食事・引き出物の準備

納骨式の後に食事の場を設けられる場合、食事や食事処の予約が必要です。

また参列された方へお渡しする引き出物の準備もしておきましょう。
(近年、ご家族、ご親族の場合、されないケースも増えました)

当日の準備品です。

忘れものがないか、ご確認して下さい。

・ご遺骨

・火葬証明証(埋葬許可証)

・墓地の利用許可書(お寺の墓地や地域墓地では、不要な場合もあります)

・印鑑(認印)

・お数珠

・お供物(お花、果物、お酒、塩、洗い米、故人のお好きだった物、線香、ろうそく等 ですが、お花と線香のみで行われることも増えてきました。宗派や地域でも違いますので、お寺さんにご確認ください)

・お布施(お車代、お斎料も)

・謝礼(石材店)

当日の服装

ご納骨される仏様のご家族は、出来れば礼服で。

・男性はダークスーツに地味なネクタイ

・女性は地味なワンピースかスーツ、色無地の着物

そうでない場合も、なるべく落ち着いた色の服装をこころがけると良いようです。

キリスト教の場合

カトリックは、追悼ミサを行う際、プロテスタントは、1ヵ月目の召天記念日に納骨するのが一般的です。

仏教式と同じように、お墓が準備できていない場合などは、この限りではありません。

また、当日までの準備、当日の服装 に関しては、仏教式が参考になります。

異なる点は、宗教者が神父様(牧師様)であること、お供えはお花になり数珠や線香が不要です。

納骨の流れ

神父様(牧師様)が聖書を読み、参列者は賛美歌を歌い、お祈りをささげ、献花をして終了です。

神道の場合

一般的に、火葬後、速やかに納骨を行いますが、お墓が準備できていない場合等は、五十日祭、一年祭などを目安に、納骨をします。

また、当日までの準備、当日の服装 に関しては、仏教式が参考になります。

異なる点は、宗教者が神官様であることで、お数珠やお線香が不要です。

神官様(神職)が立ち会い、埋葬祭を行います。

神饌とよばれる、塩、水、洗米などをお供えして、お祓い、祭詞奏上の儀式を行い最後に参列者が、玉串奉奠をして終了します。

開眼供養の手順

開眼供養(開眼法要)とは、仏壇、お墓、位牌などを新しく購入する際に、僧侶を招いて読経をして頂く慶事です。

僧侶、親族に連絡をして行います。

家族、親族で行いますが、服装は納骨法要が参考になります。

お供えは、納骨法要が参考になります。

海、山、野のお供えをすることがありますが、スルメではなく昆布かワカメを供えます。

ロウソクは、慶事なので納骨法要の白ではなく、慶事の赤を使いますが、ご住職で違います。

お墓の引っ越し(改葬)の手順

お墓に埋葬、もしくは納骨堂などに収蔵したお骨を、他のお墓、または納骨堂に移すことを、「改葬」といいます。

「お墓が遠方でお参りや管理が大変」
「管理してくれていた方がいなくなった」
「墓地管理者とのお付き合いが負担になってきた」

等の理由で、遠方よりご自宅の近くに移す方や、親類・縁者の方がいる場所にお墓のお引越しを考える方が増えています。

「お墓の引越は、どうやってするの?」
「面倒な手続きがあるの?」

などのご質問が増えました。

通常の改葬は、既存のお墓から遺骨を取り出して、新しいお墓に埋葬し直します。

その時は、閉眼供養をして、墓石を解体撤去します。

まれに墓石ごと新しい墓地に移すこともありますが、新しい墓地の規定で、出来ない事も多く、墓地管理者の了解が必要になります。

改葬を行なうためには、次の様な作業が必要となります。

新規墓地墓石を確保します。

新しい墓地を確保し、新しいお墓の管理者から「墓地使用許可証」または「受入証明証」を発行してもらいます。

新しい墓石をつくります。

霊園の規定に合わせて、新しいお墓の仕様を決め、工事契約を行ないます (工事には3カ月程度かかります)

古いお墓がある自治体から「改葬許可」を出してもらう。

改葬の際は、既存の墓地のある市町村から改葬の許可書を発行してもらいます。

この許可をもらうためには、移転先の「受け入れ証明書」と既存の墓地の「埋葬(収蔵)証明書」が必要です。

これらと「改装許可申請書」を市町村に出して許可をもらいます。(発行手数料がかかる場合があります)

お墓の閉眼供養を行い、古いお墓から遺骨を取り出します。

閉眼供養後、遺骨を取り出して、業者にお墓の解体撤去をしてもらい、墓地を元通りの更地に戻します。

(お骨を一時預かりや、自宅で保管されることもありますが、新しいお墓の完成を待って、閉眼供養をされるケースが多いです)

新しい納骨先に収容する。

遺骨を移送し新しい霊園に「改葬許可証」または「墓地使用許可証」を提出してお骨を納めます。

新たに墓石を建立する場合は墓石の「開眼供養」や納骨法要を行う場合が多いです。

改葬許可申請書での、各自治体(市町村)申請書の違い

各市役所(旧墓石のある自治体)で、それぞれに改葬許可申請書の書式や必要な添付書類等が、異なっています。

準備しておいた方がいい共通の情報


・申請者の情報

・引越す前の墓地情報

・新しく収蔵する墓地情報

・改葬する遺骨の情報(遺骨=死亡者の名前、性別、死亡年月日、本籍など)

・旧墓地の管理者証明

などです。

引越し先の墓地の管理者から。「受入れ証明書」を発行や受入れ承認の印鑑が必要な自治体などがあります。

どちらの市役所・自治体も、改葬許可申請の手続きについて、親切に応対をしてくれますので、現在お骨の収蔵されている市区町村役所に、「改葬について、知りたいのですが?」 とお問合せされるのが良いでしょう。

上記では、古いお墓を解体撤去して更地に戻して、新しい墓石に収蔵する流れでご説明しましたが、墓石、石碑ごと改葬をお望みのケースがあります。

つまり思い入れのある墓石も移して改葬をしたいということです。

物理的には可能ですが、幾つか注意点があります。

公営霊園から公営霊園なら可能ですが、民営霊園や寺院墓地の場合、新規建立を墓地販売の前提であったりして、墓石の持ち込みを出来ない事が多いです。

解体撤去と建て上げを同じ業者で出来れば、費用を抑えることが出来ますが、指定石材店であれば、霊園内で他の業者は、仕事が出来ません!

墓石の搬送費用がかかり、搬送墓石の大きさや搬送距離で費用が異なります。

更に古い墓石は、搬送中に墓石にヒビが入ったりするリスクも考えられます。

墓地の大きさが、同じであれば容易ですが、ほとんどの場合外柵などの、再加工が必要です。

ほとんどの場合、古い墓石を解体撤去をして、新しく墓石をつくられた方が、費用はかかりません!

新しく墓石への想いと、ご費用の余裕がなければ、墓石の移動を伴う改葬はあまりお勧めできません!

改葬にかかるお金の目安

新しい墓地にかかる費用

墓地永代使用料 地価と区画の大きさで違います。(寺院の場合、入檀料がある場合もあり)
管理料 地価と区画の大きさで違います。
新しい墓石の建立費 墓石の種類と規模で違います。(見積もり案件)
古い墓石を使用の場合(運搬費・加工費・工事費) 見積もり案件
開眼法要と納骨費 3万円~10万円

既存の墓地にかかる費用

墓石の撤去費用 見積もり案件(㎡単位 8万円~20万円)
基礎工事撤去などの更地工事費 見積もり案件
古い墓石の閉眼法要の費用 3万円~5万円

その他費用

寺院挨拶の際の菓子折りなど 実費
受入証明書・埋葬証明書発行手数料 1,000円~5,000円
改葬許可書などの発行手数料 300円
交通費など 実費

指定石材店のない場合、見積もり案件は、何件かで出してもらいましょう。

寺院墓地の場合は、例外の寺院を除き、原則そのお寺の檀家であることが条件です。

寺院墓地からの改葬には、離檀料や入檀料と言われる費用が、必要な場合があります。

離檀料を払わないと改葬できないですか?

近年、地方のお寺では檀家が減る一方で、収入も減少しているので、お寺を離れて、違う場所にお墓を移す改葬を行いたいと申し出る人が、住職との関係が悪化してしまうことがあります。

改葬許可証を作成や印鑑を押してくれない、といったトラブルに発展してしまったお話も聞きますが、宗教の自由が憲法で保障されていますから、墓地管理者に改葬を拒否する権利はありません。

多少の嫌がらせ程度のことはあっても、ほとんどの場合、大きなトラブルになる前に解決することが多いようです。

とは言え、永くお世話になったわけですから、直接伺って、ご挨拶をして、感謝の気持ちをしっかり述べ、改葬の理由を、誠意をもって話しましょう。

法要のお布施位の金額でいいと言われていますが、お気持ちをお渡しすれば、気持ちよく閉眼供養もして頂けるケースがほとんどです。

(金額をお聞きにいなって、大変高額を言われた方のお話も聞きます。ご自分のお気持ちの範囲内、お世話になったお礼の額で、いいのでは無いでしょうか!)

お骨の登録がしてないので、埋葬証明書がもらえないのですが?

昭和23年に墓地埋葬法が制定されましたが、それ以前のお骨を埋葬する時に、届を出さずに埋葬されている事があります。

改葬を受け入れる側の市町村が、どうしても必要とした場合は、現在の埋葬管理者に、埋葬の申請をして、埋葬証明書を出してもらえば大丈夫です。

各地方公共団体で墓地、埋葬等に関する法律施行細則を条例規則で定めているので、市長村窓口にたずねれば、教えていただけます。

家族でなくても、親族なら同じお墓に入れますか?

「跡継ぎがいなくなっているので、故郷のお墓を片付けて、自分のお墓に埋葬したいが、親族なら改葬しても大丈夫でしょうか?」墓地の規定によります。

墓地の使用規定に家族、親族のみとか、何親等まで等の制限の設けられた霊園がありますが、一般的に親族であれば問題ないと思います。

寺院墓地で宗旨宗派や戒名の受け直しのケースも聞きますが、法的な規定はありませんので、お墓の継承者の了解があり、周囲の方の了承があれば、親族以外でも同じお墓に入ることは可能です。