墓石(お墓)の掃除方法・注意点

how to clean up

(投稿日) (最終更新日)

お墓(墓石)の掃除は、水洗いで落としていただくのが基本です。

墓地がお近くで、よくお参りに行かれる方は、汚れを水洗いで落とせるうちに磨かれるので、いつまでも綺麗に保てます。

でも墓地への距離やお仕事などで、ご無沙汰してしまう方が、多いのでは無いでしょうか?

お盆、正月、春彼岸、秋彼岸等にはお参りが多くなりますので、綺麗にしておきたいですが、頑固な汚れのお掃除をすると、大変時間がかかってしまう事があります。

このページでは、簡単にお墓掃除のコツや、注意点のご説明をしてまいります。

それでは、お掃除がしやすい様に!汚さない様に汚れの原因のお話しから始めます。

墓石の汚れの原因

①大気中の汚染物が雨水などで付着して、水の溜まりやすい部分に、水分が蒸発した後にシミや黒ずみになって表れて来ます。ご相談で一番多いのが、この現象です。何年も放置すると水洗いでは中々取れません!

②霊園内樹木の花粉や木の葉は、お墓参りの時に取り除くしかありませんが、墓地を選ぶ時に大きな木の下を選ばない方がいいでしょう。

③お参りの時に飾ったお花を放置すると、花びら等が墓石に付いて変色の原因にもなります。

④お供えした花なので、飾っておきたいお気持ちは分かりますが、数日内にお花を交換しない場合は、お持ち帰りになった方がいいでしょう。枯れたお花は見栄えが悪く、墓所内に腐敗したニオイがします。お供えの食べ物は必ず持って帰るか、その場で頂きましょう。動物が墓所内を荒らし、鳥等のフンがこびりついた所から変色してしまう事があります。

⑤故人が好きだったからと、お酒やジュースをかけるのも、カビや変色の原因になりますのでNGです。放置したビールの缶が錆びて、後が付いてしまったり、ジュースのビンが、風で割れて危険です。

墓石は、雨風や日が当たる場所にありますので、避けられないこともありますが、ほんの少し注意していただく事で、汚さない様にして頂けることもあります。

それではお墓の掃除の仕方のお話しをさせて頂きます。

お墓掃除の時期や服装

お墓掃除の時期は、ご自分がお参りされた時にされると 良いのですが、お家の方以外の方のお参りがある時には、予めその前に綺麗にしておくと良いでしょう。

例えば、お盆やお正月、春彼岸、秋彼岸、故人の命日の前などです。

服装は、草むしりをしたり墓石を洗ったりしますので、汚れてもいいラフなスタイルでいいですが、周りの墓所でお参りもありますから、落ち着いた服装がいいでしょう。

お墓掃除の必需品

ホウキ・チリトリ・剪定ばさみ・軍手・ゴミ袋

まず墓所内の落ち葉や草取りから始めますが、大きな墓所では、ホウキがあると便利です。剪定ばさみがあれば素人でも出来ますから、植木があれば剪定しましよう。

ゴミの全ては、ゴミ捨て場に捨てるか、持ち帰りをしましょう。

玉砂利を洗われる光景を目にしますが、苔が生えたり、草や落ち葉が混ざって、中々綺麗になりません!

汚れの強い玉砂利は、ホームセンター等で、買い替えをされるのも方法です。

バケツ・雑巾・スポンジ・タオル・歯ブラシ・パイプブラシ

墓石の水洗いをしますが、墓石を傷つけない様に、柔らかい布かスポンジを使用してください。

金属の付いたものや研磨剤の入ったものは、使用しない様にしましょう。細かい彫刻部分は歯ブラシで、花立てのステンレス等は、パイプを洗うブラシ、出来れば傷が付かない様に、スポンジの物を使用してください。

柄付きのスポンジを使用すると、筒底の水垢までキレイに出来て便利です。

水洗いをした後は、乾いた布で吹きあげて、水分を取ってください。

お掃除の便利グッズは、100円均一で購入できるものばかりです。

季節で、夏には虫除けスプレーを、寒い冬にはナイロン手袋を準備されるといいでしょう。

難しく注意が必要な掃除

スクレパーやカッターナイフの使用

頑固な水垢は中々水洗いでは落ちない物です。

カッターナイフの刃で削るのは、手をケガしますので危険です。

スクレパーが市販されていますので、墓石を傷つけない様に削ってから磨いてください。

金属製ではなくカーボン製のヘラが、墓石を傷つけ難く、コケやカビを落とすことも出来るのでお薦めです。

ホームセンターなら数百円で購入できます。

墓石用洗剤の使用

市販で墓石の水垢用やコケ、カビ用の洗剤がありますが、使用には注意が必要です。

石材によって変色する場合があり、効果が強いものほど危険です。

業者でも目立たない箇所で確かめた上で使用したり、手磨きのみで対応する石材があります。

使用された後は、十分なソーピング(洗浄)が必要です。

墓石用洗剤をよく洗い落として無いと、 石の中に残った洗剤が長時間放置されると、シミや艶落ちの原因になります。

水場が離れていると、運ぶだけでも大変ですから、洗剤を使わないで水洗いするのが一番です。

サビ取り

石は鉄分を含んでいます。墓地の環境や墓石の施工方法などで、錆が出やすくなってしまいます。

また、墓石の上に放置された金属から、錆が移るケースもあります。

サビは専用の薬剤を使用しますが、返って墓石を傷める事がありますので、業者に相談した方がいいでしょう。

費用を抑えるには、ホームセンターで錆取り剤が売っていますが、墓石の目立たない部分で試してからご使用ください。

また使用後は水で十分に洗い落としてください。

高圧洗浄機の使用

高圧洗浄機をご使用の場合は、接着していない部材にご注意ください。

私たち石材店は、短時間で簡単な洗浄が出来ますので、納骨のお手伝いに伺った際のサービスとして洗浄機を使用することがあります。

ご自分の洗浄機を使用されて、花立てを破損されたお客様がおいでになりましたが、花立て、香炉、水鉢などは接着されていません!ご注意ください。

防草対策

お墓掃除に行くと、草むしりが面倒なものです。

遠隔地からのお墓参りでは、育ってしまった雑草を抜くのが大変で、除草剤をまかれたりされる方も多いです。

防草対策としては、砂利を敷き詰めたり、防草度を入れても草が生えるのを完全に止めることは出来ません。

墓所に防草シートを貼る、コンクリートを流し込む等の方法がありますが、防草シートは10年位で傷んできます。

コンクリートは長く有効ですが、墓所内に水が溜またない様に、水抜きを付けた方がいいですね!

撥水コーティング

お墓は、頑固な汚れになる前に、水洗いでお掃除して頂くのが一番です。

でも慌ただしく過ごす日常で、頻繁にお墓の掃除には中々行けないものです。

コーティングは、主に墓石の光沢を維持して綺麗に保ち、ペイントや目地の劣化を防ぎ、掃除をしやすくする為に行われます。

紫外線から保護してくれ、色あせを防いで光沢を保ってくれます。

土ぼこり、動物のフン、木の葉の汚れが落としやすい効果があります。

お掃除はしやすいですが、効果があるのが2年位です。

コーティングの種類には、ガラスコーティング・光触媒コーティング・シリコンコーティング・セラミックコーティングがあります。

市販のコーティングも販売されていますので、ご自分でコーティングすることも可能です。

業者にお願いする場合、 お墓を建てた最初のコーティングは費用が少なめですが、既に建った墓石のコーティングは、現地まで行かなければなりませんので割高です。

まとめ

墓石の掃除は水吹きが一番で、どうしても落ちない頑固な汚れは、業者に相談するのも良いでしょう。

石材店で金額が大きく違いますから、相見積もりをする様にしてください。

遠方にお墓があったり、お仕事で忙しくて、中々お掃除に行けない方の為に、簡単なお掃除の代行を引き受けてくれるサービスがある様です。

専門の業者で無ければ落ちない様な、頑固な汚れで無ければ、このサービスでも良いのでは無いでしょうか?

定期的な契約なら、かなりお値打ちになる様です。