お墓の値段(墓石の価格・相場)はこうして決まります。

VALUE OF OHAKA

「お墓を建てるにはいくらくらいかかるの?」

「周りはいくらぐらいのお墓なの?」

ご相談で一番多いのが、墓石の価格です。お墓は高額になることだけはみなさんご存知ですが、予算を検討するにも何から考えたらいいのかもわからないのがお墓です。

みなさんいくらでおつくりになったとは中々おっしゃいません!

あまりに不透明なために同じ墓石でも300万で作られる方も160万くらいで作られる方もあり、時には同じお墓で3倍以上差が出ることも耳にします。

ここでは墓石の値段を、墓地選び、石の種類、石の使用量、墓石の加工賃、施工費、石材店の経費率、紹介料金に分けてご説明します。

墓地選びと墓石の価格

新規にお墓を建立する場合は、基本的に

「墓地永代使用料」+「墓地管理料」+「墓石工事費」

が必要となります。

民営霊園や寺院墓地では指定石材店制度のところが多く、他の石材店では購入できないので、大変高額になります。

指定石材店は、指定の権利のために何千万も投資していることも珍しくありません。

ここでは、石材店の言い値で買うしかありませんので、墓石の代金はボッタクリを覚悟での墓地購入になります。

設備が整っていたり、供養が受けられる利点はありますが、予算を抑えたい方には、公営霊園や地域墓地がお勧めです。

詳しくは、後悔しないための墓地選びをご覧ください。

石の種類と墓石の価格

国内産の墓石材で、数十種類以上、外国の石では200種類以上が墓石材として使われています。

国産の石材は、外国産に比べると高額の石が多いです。

現在外国産の石は、中国産、インド産、南アフリカ産、ヨーロッパ産、韓国産、アメリカ産等の世界中の墓石材が使われています。

写真と石材2

「日本の風土には、日本の石が合います」の説明で高額の石材を販売している石材店がありますが、鉱物ですから必ずしも日本産がいいわけではありません。

日本でも経年変化が速くて、すぐ変色する石もあり、硬くて水を吸わない経年変化の無いインド材もあります。

それぞれの石によって、個々の性質などに違いが有りますが、産地や価格で石の良し悪しが決まるものではありません。

一般石材店が扱っている、中国産(中国加工)の御影石の安いものと、世界一高額の香川県庵治町の最高級庵治石(国内加工)を比べた場合は、一般小売価格では20倍以上の価格の差がでることあります。

でも当社ではこんなに違いは出ません。原石の価格に比例して販売価格を決めていますが、原石の価格の違いだけです。

墓石本体の価格は、原石の価格×使用量+加工料です。

原石の価格の違い。

また、同じ名前(産地)の石でも石の等級によって価格が違います。

例えば「伊予大島石」等は、大きく分けて4種類に分けられますが、特級、一級、カレイ、二等です。

大島石のランク

  • 特級

  • 一級

  • カレイ

  • 二等

中国白御影のG603の丁場ですが、こんな近くですが、右の丁場と左の丁場で石の色が若干ですが違いますから、同じブロックからつくらないと色や石目が違います。

同じ名前の石でも、石目、色、模様、キズやムラの入り具合で価格が変わるご説明をしましたが、少難しくなりましたね!

大変分かりにくい部分がありますので、石の性質の説明が出来る石材店で納得のいくまでご相談、比較検討をされることをお勧めします。

最も安い中国産御影石でも、壊れることはまずありません!

割れたり壊れるようなことはありません。

壊れるケースは、予め傷や割れ目の入った原石を使用したか?寒暖の差の大きい地域に、販売してはいけない石を売ったケースです。

中国産のG654等は、寒冷地ではおすすめしていません!

大変分かりにくい部分がありますので、石の性質の説明が出来る石材店で納得のいくまでご相談、比較検討をされることをお勧めします。

詳しくは石選びのポイントをご覧ください。

また、当社ショールームでは、石材のランクや色、石目の違いをご覧になっていただける様にサンプルをそろえていますので、ご希望のお客様は、フリーダイヤル0120-953-574へお気軽にご連絡ください

石の使用量と墓石の価格

石の使用量が増えれば、比例して、墓石の価格も高額になります。

大きな墓石になれば、石材の使用量が増えて、更に物流費も増えますから墓石は高額になります。国産材、外材でも石種によっては、大きな石が採掘されないために、大きな墓石を注文すると、納期や金額が割増しになることがあります。

ここでお話しする石材の使用量は、

縦×横×高さ

です。

石の体積ではありません。

例えば、三角錐のデザイン墓石をおつくりすると、削り取られた石材も使用量に含まれます。

三角錐

墓石の大きさは、地域で大きく差があります。

周りの墓石に合わせておつくりになりたい時は、墓地確認の時に、石材店に大きさと価格の相談をしてみるといいでしょう。

一般的に和型墓石は石の使用量が多めで、標準型の洋型墓石は石の使用量は若干少なくて済みますが、近年の洋二段型石碑、デザイン石碑などは和型石碑より使用量が多くなることも有ります。

骨壺での納骨形式(丘カロート、地上納骨)の墓石は、石材使用量が多いです。

  • 地下カロート墓石

  • 地上カロート墓石

和型の様に、同じ形で周辺墓石の大きさと比べられないデザイン墓石にして石材の使用量を抑えることもできます。

使用する石の量が少ないと墓石自体の値段も安くなります。

加工費と墓石の価格

国内加工

DSCN2463

国内で採れた石材を国内で加工された墓石を「純国産墓石」といい、日本で採掘されて海外で加工された墓石「国産墓石」「日本の石」という曖昧な表現と区別していますが、その加工賃はデザインと加工の方法で大きく違ってきます。

石材関係者では、角物加工とやくもの加工と言いますが、加工の方法で、加工賃が大きく違います。

角物と言って、直線的なデザインでは、加工賃の差はそれほど大きくありません。

やくものと言う丸い曲線的なデザインになると、国内加工では、1パーツで何万円も加工賃が跳ね上がります。

  • 水鉢の違い(左:かくもの 右:やくもの)

  • 花立ての違い(左:かくもの 右:やくもの)

蓮華の様な複雑な加工やぎんなん面加工等のとにかく直線(平面)以外の加工に関しては全て料金が、大幅にアップしてきます。

  • 蓮華

  • 銀杏面加工

そのため墓石の仕様やデザインが決まらないと見積りが出来ないのが国内加工です。

石材にも木目と同じ様な石目があります。

この石目に沿って最も美しく浸み込んだ水が抜けるように作られるのが「天目取り」と言う作り方です。

墓石の完成度が優先なので、石材のロスが出て使用量が増えるために高額になります。

石によってこのロス分が違いますので、国内加工の場合は、石材と墓石の大きさデザインが決まらないと見積りが出しにくいです。

つまり加工賃は、その都度違って来るということです。

ただ国内加工でも、角物(直線的、平面的な加工)であれば、海上運賃を含む海外生産とそれほど変わりません。

中国加工

DSCN2601

世界中の石材が集まり、日本の石の著名な銘石であれば、手に入らない石は無いくらいです。

現在日本で作られている墓石の80%以上が中国です。

近年人件費が高くなりましたが、国内加工に比べればまだまだ大変安く作れます。

一部の特殊加工を除いて、国内加工の様に、デザインや加工で価格が変わることは、ありません。

墓石の加工賃は石材の使用量の分です。

石種が違っても加工賃は同じで、この部分が国内加工と比べて大きく墓石の価格が安くなっている理由です。

墓石大きさが決まれば加工賃もわかります。

天目取りなどはしませんから、縦で取ったり横で取ったりしますので、ロスは少ないので安くできます。

石目の強い石種や吸水率の高い石種は避けた方が無難です。

日本では、木の節やや年輪の様な部分が出れば取り換えますが、中国では、時給ではなくどれだけ多く加工したかの歩合で給料が決まるために、取り換えないでゴマカシが行われます。

工場を買い手側の妥協点で管理できる石材店であれば、国内加工までは行かなくても、それなりの墓石が作れる工場があります。

どこの工場にどういう仕様で出すかが大切で、管理が出来る石材店に作ってもらえば安心です。

インド加工

IMG_5149

クンナム、インド銀河等の一部の石種では生産可能です。

磨きも中国と比べると丁寧で、加工賃も若干安く出来ますが、納期に2か月かかることと(中国は2週間)墓石の荷揚げが横浜でしか現在出来ないので、国内での物流コストがかかります。

現在では、工場ごとに取り扱いの石種も増えてきていますので、お時間に余裕のあるお客様は、ご検討されてもよろしいかと思います。

工場の加工料の違い

例外ですが、当社の取り組んでいる中国工場は、天目取りをしてくれます。

もちろんそれなりに高くなりますが、国内加工よりは遥かに安いです。

中国の工場でも、

・天目取りをはじめ、国内加工と同じクラスの加工をしてくれる工場

・墓石の加工も良く、瑕も正面は取り直してくれる工場

・とにかく加工賃を抑えてつくってくれる工場

上記のタイプに分けられますが、手間をかけて加工をしてくれる工場は、それなりの加工賃の要求をしてきます。

当社では、お客様のご希望で

胴抜き加工

DSCN3135

加工地はどこででもできますが、耐震性を高くしたり、カロート内への水の侵入を防ぐために胴抜き加工がありますが、石材の使用量が増えてしまいますので高額になります。

施工費と墓石の価格

施工にかかる金額は、墓地確認をしないとわかりません。

墓地の立地条件が、平地か丘陵地か山の上かで使用する機材が違ってきます。

・平地や丘陵地でユニック車が、墓地の近くまで行けるケース。

・墓地の中まで入れなくて、導線が細いためにキャタピラやカニクレーンも入れないので人力で運ぶ必要があるケース。

・山の上で、ラフター(移動式大型クレーン)必要なケース。

・墓地地盤がゆるく、基礎工事をしても効果のない地盤のケース。

基礎工事の方法も、据え付け工事のみ、ワイヤーメッシュ、鉄筋、コマブロック、パイル(杭)、D-BOX工法などの施工方法で金額が変わります。

耐震用のコーキングボンド、セラミックボンド、耐震ピン、免振ジェル、ステンレスコーナー金具、カットアンカーなどですが、デザインに合わせて標準的に行いますが、金額的には3~6万位です。

墓地状況や、お客様のご要望で施工の金額は変わってきます。

石材店の経費率と墓石の価格

人件費、展示場の維持費、チラシ、アポインター、お悔やみ営業等の販促費、加工や施工機材の償却等です。

一般的に展示場を持ち、多くの社員や工場を抱えている大手石材店は経費率が高いです。

霊園で販売している指定石材店は、販売権の獲得に何千万も投資をしているので経費率は高いです。

一般の路面石材店も、年々販売数が減り、自社で施工しているお店は、月に何本も売れないのに、ユニック車等の償却費で経費率が高いです。

参考価格表

正法寺 1m  三段墓

間口100㎝×奥行100㎝ 名古屋型8寸三段墓

項目 品名 参考価格 備考
石材費 墓石(アーバングレー) 40万円 8寸和型名古屋三段石碑の大きさ石種石材の等級で価格は変わります。
外柵(アーバングレー) 5万円 1平米のシンプルな外柵です。石種で価格が変わります。
工事費 基礎工事費 6万円 1㎡の場合です。以後1㎡プラスで2万円必要な墓地のみの費用です。
外柵設置工事 3万円 石材使用量で変わります。
石碑設置工事 6万円 石材使用量で変わります。耐震用コーキングボンド仕様ステンレスコーナー仕様です。
ステンレス金具一式 8千円 花立て・ロウソク線香立て
砂利施工費 1㎡:1万円 1㎡:1万円必要です。広さで価格が変わります。
合計 61万8千円
消費税(8%) 5万2千円
合計 67万円

お墓は、故人やご先祖様を想う気持ちや安心したいという気持で、ご建立されるものだと思います。

金額の大小にかかわらず、何より供養や感謝をしたいというお気持ちが一番大切だと思います。

お墓はご予算、お客様のご希望やイメージに合わせてご提案させていただいております。

墓地確認やお見積もりは無料でさせて頂いております。

お気軽にご連絡ください

フリーダイヤル:0120-953-574
メールアドレス:mail@kashiko-ohaka.com