墓石を国内加工するメリットと安く作る方法

STONE STORY

日本の石を日本の国内で加工して欲しいという想いのお客様は、大変多いです。

一生に一度のお墓づくりなら、いいものをつくりたい!

皆さん、そう思われている方は多いことでしょう。

ここで障害になるのは、石材店に日本の石を国内加工でつくってほしいと伝えると、法外な見積りを出されることでは無いでしょうか?

国産の墓石は高い、いい物は値段が高い、安い物は品質が悪いと思い込んでいませんか?

販売店にこの不安に付け込まれて、法外な値段でおつくりになったお話をよく伺います。

国内加工だからと言って、石種、デザイン、石材店を選ぶことで相場より安く作ることは可能です。

ここでは、国内加工のメリットと、いい墓石を少しでも安くつくる方法についてお話いたします。

高額になっても、国内加工することの価値は、日本の石を日本で加工して欲しいという想いです。

DSCN2463

人生観などで、理屈抜きに嫌だ!

日本に拘りたい方、故人の故郷で採れた石にこだわれる方等、皆さんそれぞれに想いがあってのことだろうと思いますので、ここでは中国材、インド材をはじめとする海外の石の事は外してお話しします。

高くても日本でつくったら、中国でつくるより遥かにいい墓石ができるとお考えになる方が多いのではないでしょうか?

国内加工をすることの最大のメリットとしては、天目取りをお願いすることができることです。

中国でも、いい工場は一方方向でカットしてくれますが、石種を絞り込んで、その石を知り尽くした職人さんがつくる墓石は、石の性質に合わせてつくってくれます。

アーバングレーやインド銀河は吸水率が低いですが、白系からグレー系の石は水を吸います。

これは日本の石でも例外ではありません。

天目取りをしてもらうことで、水を吸い込んでも抜けて行く様につくることができる職人さんの技術は、永く石の美しさが保つ事が出来ます。

dscn0710

技術もさることながら、墓石の出来上がりの妥協点の高さが全く違います。

時間も石のロスも大変多くかかります。

削っていておかしな部分が出てきたら、最初からつくり直すのが国内加工です。

お店に展示品を置いている石材店のほとんどが、自社で加工していないことをご存知の方も多いと思います。

「私がつくります!」

「私が建てます!」

だけの説明でその石材店がつくってくれると勘違いしていませんか?

一握りの石材店が、まだ加工をしておいでになります。

しかし日本の何十もある石材に精通している訳ではありません。

真壁石(茨城県)、庵治石(香川県)、天山石(佐賀県)等、専門的にその石を加工している職人さんがいるのです。

庵治石を専門的に扱っている職人さんに真壁石をお願いしても、加工は出来ても、石種を知り尽くした真壁の職人さんの様には出来ません!

その逆も同じです。

石は自然の物です。

その石、その石には専門の職人さんがいるんです。

例えば、現代の様に専門的に細分化された医療を受ける時、大きな病院では、総合診療科のような、どこで診てもらえば良いのかを診療してくれるところがあります。

整形外科にも四肢、関節、筋肉、脊髄等の専門的に診断してくれる先生がいるからです。

国内加工する意味は、石を知り尽くした匠の墓石職人に作ってもらうから価値があります。

大工さんなら宮大工さんにつくってもらう様なものです。

これはもの凄い技術だなと感じる日本の職人さんも存じ上げていますが、墓石を原石から完成品までつくれる方が今何人おいでになるでしょうか?

マスクをしていても塵肺で健康に障害が出てくるような仕事で後継者が育たないんです。

ほとんどの方がヤクモノと呼ばれる複雑な加工は、ヤクモノ屋さんという専門職人さんのいる会社に外注しています。

墓石の加工の大半が海外に移って、加工は出来ても仕事量が少なくて、滅多に加工していない日本の職人さんと毎日加工している中国の職人さんを比べた場合、私は中国の職人さんのレベルが低いとは感じません。

DSCN0250

この画像は、蓮華を加工していますが、リズムに合わせて見る見る製品が出来上がって行きます。

%e8%a6%b3%e9%9f%b3%e5%83%8f

この観音様は、加工が複雑ですが、日本でお願いしたら何百万の加工賃です。

なぜなら加工できる方が、殆どいないからです。

ここまでのコメントを読まれると海外びいきに聞こえますが、多少高額になっても国内加工をするメリットを分かって頂きたかったからです。

技術のある職人さんにお願いされれば、私たち石材業界の人間が見ても、ため息が出るような墓石に仕上げて頂けます。

私に出来るかですか?

無理に決まってるじゃないですか、検品おじさんですよ!

一流のプレーヤーにはなれません!

さて、みなさんが、一番お知りになりたい安くつくる方法ですが。

墓石の販売価格は、原石の原価、加工代金、物流費、施工代金、販売店の利益です。

原石の原価は、産地や石のランクで違います。

日本の石は、海外の石に比べて希少価値や、採掘の人件費がかかる為に若干高額です。

最初に石目や色、性質で気にいった石種をご検討されて、デザイン、大きさ(石材使用量)に合わせて、ご予算のご検討の時に、ランクや石種の変更をされても良い部分です。

石でダマサレナイための基礎知識(国産材類似編)をご参考にしてください。

次に加工代金ですが、国内加工最大のメリットであり、原価に大きく影響してくる部分です。

国内加工で加工料が海外と大きく違うのが、カクモノとヤクモノの違いです。

カクモノは、直線的な加工で、長方形にカットして磨く事を加工の中心にした墓石のことです。

ヤクモノは、丸い加工で、この加工をすると加工料金が大変かかります。

花立てのカクモノとヤクモノです。
%e8%8a%b1%e7%ab%8b%e3%81%a6%e3%80%80%e3%82%84%e3%81%8f%e3%82%82%e3%81%ae

水鉢のカクモノ、ヤクモノです。
%e6%b0%b4%e9%89%a2%e3%80%80%e3%82%84%e3%81%8f%e3%82%82%e3%81%ae%e5%8a%a0%e5%b7%a5

墓石の水平加工(カクモノ)、切り出し亀腹(ヤクモノ)です。
%e3%82%84%e3%81%8f%e3%82%82%e3%81%ae%e5%8a%a0%e5%b7%a5%e3%80%80%e4%ba%80%e8%85%b9

スリン
スリン
蓮華
蓮華
銀杏面加工(特殊加工)

です。

加工に手間のかかるヤクモノは、花立ての左右を加工するだけでも10万円位の販売価格に違いが出ます。

デザインよりも、とにかく日本で加工して欲しい方は、カクモノでおつくりになれば、難しい加工のデザインをご希望の場合と比べて、20万、30万、時には数十万の加工賃の違いが出てきます。

ヤクモノのデザインをカクモノに変更して、値段が変わらなかったら、信用できないお店です。

もう一つは磨きです。

墓石の内側(カロート部分)等の見えない部分の磨きをしないだけでも金額が大きく違います。

香炉の内側は覘けば見えますが見えにくい部分です。この内側を磨かないだけで数万円違ったらいかがでしょうか?

考える方も多いですね!

香炉の内側が磨いてなかったら、国内加工かもしれませんね!

香炉の内側です。

dscn0680

中国では今のところ無料で加工してきます。

物流費ですが、石材の採掘を専門しているのが山石屋さんです。

加工をしている会社もありますが、多くは加工専門の工場へ出荷されます。

石種を絞り込んで加工している石材工場は、取引の金額も大きく安く仕入しています。

産地に近い石材店や同じ石を専門に扱っている石材工場は物流費が若干少ないです。

海外の加工賃がアップしてきていますので、ご説明したカクモノでおつくりになれば、原石を海外に運び、加工して輸入する海上コストや保険代、輸入経費を考えると国内加工と原価は、同じくらいで出来ます。

さて施工代金や石材店の利益です。

一つは、墓石の販売数が減った今日、国産材で国内加工のご希望なら予算も多いだろうから、ここは一つ儲けさせて貰いたいので、取れるだけ取ってやれと高く売りつけられるケースがあります。

もう一つは、紹介者が間に居るために中間マージンが大きくなって高くなり施工で手を抜いて悪い施工で高く買ってしまうケースです。

騙されないように、石材店に聞けない話やHPの基礎工事・耐震施工をご参考になってください。