北木石(瀬戸白)

STONE INFOMATION

原産国:
日本(岡山県笠岡市北木島町 北木島)
吸水率:
0.17%
圧縮強度:
164.26N/m㎡
見かけ比重:
2.64t/㎥

特徴

白色を主とした中粒の黒雲母花崗岩で、「中目」、「瀬戸赤」、「瀬戸白」、「サビ石」の4種類がある。

石目は中目の均一で、硬度は固いが、粘りがあるため加工がしやすい。

昔から北木御影として知られ、墓石材だけでなく、大材が取れるために鳥居や建築材にも多く使用された。

瀬戸内海に浮かぶ島なので、海運を利用した物流で、広く扱われた。

上場の石は錆びやすいために、200メートルも掘り下げられた丁場は圧巻。

無垢の代表色「白系御影石」から、吉相墓に最適とされている石です。

近年価格が高くなってきているので、新規建墓に使用されるケースが減ってきている。

主な建造物

江戸初期の大阪城、日本銀行本店、靖国神社の鳥居、大阪城桜門の竜石