稲田石

STONE INFOMATION

原産国:
日本(茨城県笠間市稲田)
吸水率:
0.22%
圧縮強度:
167.48N/m㎡
見かけ比重:
2.63t/㎥

特徴

国産を代表する白御影石です。

白色の長石を60%含む稲田石は、白く美しく輝く色調が、特に綺麗に見える御影石です。

粗目、中目のものが黒雲母花崗岩で、稲田御影と呼ばれています。

艶がよく出て、加工性に富み、光沢は美しく、堅牢で、墓石材として申し分の無い石材です。

採掘量は日本最大級で大材が採れるので、大型の建築物にも使用される。

大都市東京にも近く、歴史的建造物にも多く使用されています。

注意点

珪酸を含んでおり、酸性雨にも強いと言われていますが、多少鉄分が入っていることがあり、サビが出やすいので注意が必要。

主な建造物

国会議事堂、最高裁判所、東京駅、三井銀行本店、鹿島神宮の大鳥居、明治神宮