ブログ

BLOG

墓石屋ジイ仲間のヘベレケボヤキ編

いつもの居酒屋で、凍らせた中ジョッキを片手に

「マッ!お疲れさまです!」

仲のいい社長に呼び出されて、久しぶりに飲みに来ました。

「ふー!久しぶりですね!どうしたんです?珍しいじゃないですか?飲もうなんて!」

「いやね!家族と社員みんなで、温泉にお出かけやもんやから、俺一人留守番なんよ!」

「いいじゃないですか?まだ忙しいんじゃないですか?ふ~んそれでね!羽根を伸ばそうと!タマには臼井に、オゴッテや・ろ・う・か・な?と」

「違う!違う!ワリカンに決まっとる」

「ところでどうなんや?なんか熊本まで、荒らしに行っているらしいな?」

「人聞きの悪い事言わないでくださいよ!墓地を見てお客さんに、インパラブルーのサンプル見せて来ただけなんやから!一軒だけですよ!」

「それで、どうやったんや?震災の後は?」

「いや~!みなさん大変やったとおもいますよ!

この辺りでは見られないような大きな竿石が、ゴロンゴロンと落ちているのが、まだ随分残っていましたからね!

ホント気の毒ですよ!

お家を直さなあかんやろうし、お墓が後になるんでしょうね!

石屋さんも大変だとおもいますよ!

今回のお客さんは、遠い会社なのに、連絡してもらったんで、シッカリつくって、さし上げるつもりですよ!
墓地を回ると何本かですが、悪い業者かな~?と思うのがありましたからね!」

「そこでやね!アンタが一儲けしようと、地上カロートの価格表を出したってわけや!」

「よ~!うちのHP観てますな!なんか今日は悪い酒やな~!不謹慎なこと言ったらあきませんて!あれは、福岡のお客さんに言われて、つくっただけですって!

今まで関西と中部中心の墓石しか出してなかったからでよ!みなさんボッタクリに合わない様にですね!」

「よ~言うわ!アンタにかかったら、俺んところの良心的な値段でも、ボッタクリになってまうわ!」

「大将、この爺さんに何とか言ってやってね!もうダイブ飲まれてますの?」

「一時間以上お待ちでしたよ!お一人で寂しいんと違いますか?この間なんか、奥さん連れてきて、仲のいいこと、仲のいいこと!」

「そ~やったんですか?」

「その話はいいんや、いいて!アンタは、倅がやってくれるもんやから、あっちこっち好きなように出かけて、ええな~と思ってな!この間は、ベトナムでアオザイの綺麗どころと豪遊らしいがな!」

「エッ!誰の話なんです?僕行ってないですよ!大体!そっちは引退してますからね!」

「そうか?カワイソーニナ~!俺は、まだ現役バリバリよ!」

「また!見え張って!今度奥さんに逢ったら言っときますわ!大変ですね~って」

「やめてくれよ!婆さんのこと思い出したら、酔いが醒めるやないか!絶対言ったらあかんぞ!絶対言ったらあかんぞ!」

「言ったら、どないなりますの?」

「マッ!あくる日からかつお節ごはんやな!」

それからも、ひとしきり私に絡んで、やっと落ち着いて話が出来るようになりました。

「ほんで、どうしましたの?今日は!」

「誰も居らんから、お客さんから連絡あったんで、ワシが行ったわけよ!

そしたら、保証書の天災部分を直してくれと言う話でな!

他社は震度7まで保証しますという訳や!

1メートルも無い小さな洋墓で、必要ないと思ったんやけど、(ご希望なら耐震のジェルも使いますが、そこまでの保証は出来ません」と説明したのよ!」

「いいんじゃないですか?それで」

「そしたら誠意がないって、言われてしもうたのよ!」

「それでご機嫌斜めやったわけですね!

僕だってそう言いますよ!阪神大震災なんて、70センチ位の縦揺れだったわけで、そうなったら耐震ピンも耐震ジェルも何にも役に立ちませんよ!あくまで可能性の問題なんですから!保証が出来るお店があるなら、保証して頂けばいいじゃないですか?」

「ソッ!そうやろ!それ娘婿に言ったってくれへんかな?婿さんのお客なんや!」

「え~?」

「何かって言うと、アンタみたいな商売がしたいみたいなんや!」

「ハァ?それでワタシにあたってましたん?勘弁してくださいよー!そんな良いもんや無いんですから!派手に見えるだけで、体がエライだけですって!」

「地元だけで商売をしていると、徐々に減って来てな~」

「社長の会社は、大きいからですって、婿さんよくやってらっしゃるじゃないですか?

堅実に経営してなかったら、とっくの昔に廃業ですよ!」

「そーかな~?今日の様なお客さんが、増えてくるとな・・・?」

「僕は安く売っていますけど、ガッツリつくらせてもらってますよ!

安くつくって、壊れやすい墓石や、採れたばかりの経年変化のわからない石で、根拠のない保証なんか出来ませんからね!

会社の粗利より大きなリスクは、負えないです。それやったらつぶれますよ」

「何時からかな~!お客さんに大丈夫やと言えん様になったのは?」

「そんなもん!随分前から言えていませんよ!そんなこと言えるのは、原価の3倍以上で売って、トラブルになったら、つくり直しても、50%の粗利がある会社ですね。

ほとんどの場合は、とぼけて逃げて、修理代をせしめる会社だけです」

「何か!今日はえらい説得されとるな~」

「いつも迷っているお客さんの所を中心に回っていますからね!とにかく安く欲しいお客さんも、保証書を直して欲しいお客さんも、わからないから迷って、悩んでいるだけなんですよ。

ネットで間違った情報が拡散してる上に、石材店ごとに、言うことが違うから迷うんですよ!悪気は無いんですよ!」

「僕は、頭悪いから難しい事はわからんから!お客さんも、職人さんも、外国人も理屈抜きで、逢いに行くんです。

そうすると相手の気持ちを感じることが出来るし、自分の事も何となくわかってもらえるじゃないですか?

アレ・・・?これ私に言ったのは、社長ですよね!」

「今頃思い出したんか?師匠に説教たれやがって!」

「大将~!この半分隠居ボケの爺さんに言ったってくださいよ!タマには、中国でもインドでも、出かけたらどうやって?」

「インドは堪忍してくれ!長時間のエコノミーは、耐えられん!」

話は店のかんばんまで続きましたが、この続きはまた後日!

価格表は、真面目におつくりしました。

地上カロート型墓石の価格表をご覧ください。