墓石デザイン(地上カロート)の価格表は、石材使用量がポイントです。

Subtitle

カロートは墓石の中に遺骨を納めるためのもので「納骨棺」とも呼ばれますが、お骨や骨壷を収める大切なところです。

この部分を地上(地面より上)につくってある墓石が、地上カロート型墓石です。

墓地が狭い場合や、地下水が出るような場所では、地上に作られることが多いですが、地下カロートに比べて、墓石の背が高くなるので、大変高級感があります。

カロートの入り口が、観音開きや当て蓋、落し蓋なっていて納骨がしやすい形式になっています。

しかし、観音開きの場合には、破損する危険もありますので、取り扱いには注意が必要です。

一番のメリットとしては、水はけが悪い場所でも水が溜まることが無い事です。

デメリットとしては、墓石が高くなるために、低い墓石に比べて、耐震性が心配になりますので、耐震施工、耐震構造の墓石にすると安心です。

墓石を支える部位の強度が重要ですが、石材の使用量が増えますので、予算とデザインと強度のバランスの取れた企画を提案してもらいましょう。

ここがポイント!

墓石のカロート部分の石板の厚みです。

画像は7センチの厚みですが、最も短いアンカーで止めてある程度に見えます。

最低9センチ、出来れば12センチが望ましいです。

金額が高いだけでは、必ずしもいいお墓ではありません!

お客さんの財布を考えながら、販売価格を決めていくのは、良心的な石材店ではありません!

正直な石材店は、駆け引き無しの見積もりをしてくれます。

わかりにくいお墓の価格を知っていただくために、代表的な地上カロート型墓石の、価格表おつくりしました。

デザイン、墓地の広さ、使用石材等で価格が変わりますので、目安としてお考え下さい。

特に大きな墓石は、石種や石材の使用量で大きく価格が変わってきます。

基礎工事や耐震施工は、墓石の種類と構造基礎工事・耐震施工を参考にされてください。

低床型の墓石は、地上カロートでも高さが無いので、耐震性には優れています。

今までにおつくりするか、ご提案したデザインの一部を変更して、価格の目安を掲載させていただきました。

カロート(納骨室)の大きさや、墓地の立地条件で金額が変わってまいりますが、お客様の思いやご希望に合わせてご提案させて頂いております。

墓石のデザインは、全てフルオーダーメードでおつくりしています。

遠隔地のお客様でも、墓地の広さやご希望の墓石のデザインをお聞かせ願えれば、石材別にお見積もりを作成させていただきます。

遠慮なくご連絡ください。

今では、本社直轄の施工エリア外へも、墓地確認に伺えるようにしています。