ブログ

BLOG

お墓をつくろうか、海洋散骨にしようかのお尋ねでした。

それは、私は石屋ですから、お墓をつくってもらった方がいいに決まっています。

ただ相談を受けるとつい正直に答えてしまうのが、商売っ気の無い所なんですよね!

散骨は、法務省は「節度をもって行われる限り、遺骨遺棄罪にはあたらない」厚生省は「遺灰を海や山に撒く葬法は想定しておらず対象外で、自然葬を禁じた規定ではない」の見解で、違法ではないが、合法とも言えないのが現状です。

ただ、風評被害を懸念する方などとのトラブルのために地方自治体の条例で禁止されている所もあります。

少し小難しいことをコメントしましたが、お墓は、納骨されるご本人のためだけにあるものでは無いと思います。

残された方のためのお墓でもあると思います。

お仏壇は仏様を拝みますが、ご先祖様の冥福と感謝を祈られるのがお墓です。

ご自分の冥福を祈っていただける方がおいでになる人は、その方のためにお墓をおつくりになるのはどうでしょうか?

何とか最後に石屋らしくまとめましたが、僕の本音です。