ブログ

BLOG

墓石づくりは、とにかくトラブルが無い石を選ぶ事です。

現在のコロナ下では、慢性的に物流が滞っています。

海上運賃が値上げになったばかりか、コンテナ不足で遅延するのが、当たり前になって来ました。

中国材での影響は少ないのですが、インドの石に関しては、ロックダウンによる州を超えた物流STOPの影響が大きいです。

知り合いの石材店が、商談後に石の入手が出来なくなって、困っていました。

「まいったな~!黒御影にゴールドが入っている最高級品です。今回は特別に安くつくれますと売り込んで、気に入ってたんだよな~お客さん」

「元々安い石だから、代わりの石を探すのも難しいよね!スターギャラクシーなら、まだ大丈夫だと思うけれど・・・?発注かけたばかりだし、何も言ってなかったから、まだ市場に有ると思いますよ!御社は公司(中国の石材商社)から仕入れしているでしょ!公司に探してもらったら?無ければ、JJかな?ゴールドが同じ様に入っているから、代わりに薦めてみるのも良いかもしれないですね!」と言うと、

「工場の名前は~?」と、笑いながら聞かれましたが

「ごめん🙇!それは勘弁して!」(笑)

さすがにそれは、教える事は出来ませんので、笑って誤魔化しました。

加工賃や支払い条件等も関わってくる商取引ですから、私はややこしい話の間には入れません!どこの公司とお付き合いが有るのかは知りませんが、私から聞いたと訪ねられて、工場に迷惑をかけたくは無いですからね!それにこの石を一生懸命売っている友人が他にもいます。

みんなで使い始めたら、いっきに無くなってしまいますから、彼にも申し訳ないですからね!インド、アフリカ、ヨーロッパ等、どこの地域からもコロナの影響で、石が入らなくなっています。

黒御影やインド材を中心に扱っている工場でも、一つの工場が、全ての石種を持っている訳ではありません!どの工場も絞り込んで在庫リスクをしているのです。

海外からの輸入が滞っている状況では、石種によっては在庫が無くなっていることも有ります。

私の会社も、取引工場だけでは、納得できる綺麗な石が無いので、この時期だけは、中国の商社とも連絡をしながら、どうにか入手をしています。

価格は需要と供給のバランスで決まりますので、在庫が減ってくると希少価値として価格が上昇してきます。

この時期に一番大切にしていることは、価格が高くなっても、後々トラブルが無い石を選ぶ事です。

綺麗な石から先に使って行きますから、在庫が残り少なくなった石には、特に注意が必要です。

リスクマネジメントを考えたら、石の価格が上がる事で、当面の利益が減っても、仕方が無いと考えています。

渡航検品が出来ない現状では、リスクの少ない石種で、その原石を使用した墓石に、トラブルが無かったか?を確かめながらご紹介しています。

「会社の信用問題だから!」

他社が扱ってからで無いと扱わないなんて、ズルイ!セコイ!自信が無いのか!と言われそうですが、扱いなれた石でも、何とも判断が付かないことがあります。

偽物や質の悪い石はスグに分かりますが、判断に迷うグレーゾーンがあるのです。

同じ丁場でも、微妙に色目や石目が変わります。自然石は、やればやる程難しい。

とにかく泥臭く選んで行くしかないと考えています。

中国の公司と連絡をすると、とにかくクンナムやPANの売り込みが多いのです。

丁場の位置を確かめると、「分からない!」と返事をしてきます。

サンプルを送らせて確認をしますが、まず本物はありません。

インドの石は、採掘地の名前を付ける事が多かったのですが、今では何でもクンナムやPANにされています。

三年~五年の間、加工して本磨きした石を、屋外で太陽光線や雨風に当てて問題がなければ、採掘した地名で石の名前を付ければ良いのですがね!終わりのない安売る合戦をしている石材店が、我先に安い石を扱うので、事故が起きるのです。

最近の事ですが、クンナムが割れる話を何度も聞いています。

クンナムやPANなんて、そうそう割れる石では無いです。

クンナム〇〇、インドPANと売り込まれたら産地を確かめてください。

「インドです」「インド黒です」と返事をされたら、その人は石の事を分からずに、売っているか?お客さんをなめています。

クンナム8、LK-01、YKDは、元々そんなに黒くはありませんから、間違いなく塗ってあります。

直近では、アーバングレー(MD5・ムッドガルグレー)で、錆がでた様な相談を受けました。お建てになって1年や2年で錆びるのは、最初から錆びていたかもしれません。

必見!失敗しない墓石(お墓の石)の選び方を参考にされてください。             

アーバングレーという石も、何度か紛らわしい相見積もりをされることがありました。

アーバン、アーバンブルー、アーバングリーン、MD6、MD8、MD9等ですが、全く違う石でしょうね!

多分これからは、粗悪な石の流通や、雑な加工の墓石が多くなる嫌な予感がしています。

商社任せで、「つくり直しも商社通しだから大丈夫!」なんて石材店も多いですが、お墓は作り直せばいい物では無いはずです。

石選びも加工も図面も商社任せ!施工も業者任せで売るだけなら、ブローカーになってしまいますよね!

ブルーの結晶が沢山入ったインパラブルーの墓石をお求めならご連絡ください!

» 続きを読む