ブログ

BLOG

墓石の目地はコーキングですね!今時セメントは無いでしょう!

墓石のパーツ同士を強固に接着させ、その部材同士の隙間を埋め、水の侵入を防ぐ役割があるのが目地ですが、今時セメントやモルタルは如何なもんでしょうか?

画像は、まだ建ててから1年ぐらいの墓石の目地です。

雨風で抜け落ちて、接着も水の侵入防止も、全く役に立っていません!

施工実績をみて、コーキングでない石材店は、お勧めできません!

確かにパーツとパーツの間が狭くて、正確さを競った昔の石屋職人の意地もあったんでしょうが、国内加工でなくて、中国加工でセメントの目地も無いでしょうと思います。

1年でこれでは、地震になったら間違いなく壊れます。

事実東北の地震の時にほとんど倒壊しています。

耐震用のコーキングボンドで、最低三ミリ、五ミリをボンドメーカーは希望しています。

墓石の加工も施工も、全てが新しく変わってきています。

石材店だけ、創業何年で昔からの技術なんて、おかしな話です。