ブログ

BLOG

大阪で墓石の改修工事を受け賜わりました!

大きな墓石なのですよ!隣の墓石も尺角はあるのですが小さく見えます。

軍人さんのお墓は大きいです。

ここは大阪の住宅密集地にある寺院の境内です。

グーグルの地図検索で見る限りでは、ユニックが入らないので、これは地元の石材店さんで無いと難しいかな?と考えながら墓地確認にうかがいました。

境内の細い道をグルグル回ってぬけると墓地があるのです。

墓石を一目見て、頭の中は「大きい・・・」しか無かったですね!

この墓石が出来上がった時には、住宅密集地でも無く、境内が高い塀やフェンスで囲まれていなかったはずです。

墓石を拝見すると、向かって左の大きな墓石の方に傾き、更に奥にも傾いていました。

昔の施工なので、外柵も外れて基礎もやってありません。

土質は細かい山土の様で、固まってしまうと砂の様に墓石を支えてくれるのですが、如何せん墓石が重た過ぎますね!

均一に重さがかかっている時は強いのですが、偏って荷重がかかるとドンドン傾いてきてしまいます。

施主さんのご希望をお聞きすると、舞台と古い墓石を新しくつくり変えるとのことでした。

傾いているのは、墓石の大きさと地盤によるものだと言う事、河川の近くなので、大昔は川底だった可能性を考えると、尺基礎を打ってもこの大きな墓石を支える事に、不安があるとお話をしました。

低くなりますが、竿石(最も上の仏石)と上台を残して、一番大きな中台を片づけてはいかがですか?とご提案すると、その方がいいならそれでも良いですよ!とご理解して頂けました。

ここまでお話しできれば、石種と墓石のデザインをご提案して、お見積もりなのですが、まだ厄介な問題が残っていました。

とにかくこの大きな墓石を動かすにも、重機が入らないと何ともなりません!

三脚と滑車の人力では、上から3番目の中台が上がらない大きさでした。(クレーンを使わないと400キロ以上は無理です)

資材を運び込むにも、お寺の境内をグルグル回って搬入して、通路を破損しない様に養生が必要で、積み下ろしのトラックの駐車スペースも無い状態でした。

見積もりをお出しするにも、施工の日数や職人の延べ投入人数を、どーやって計算しようか・・?考えが纏まりませんでした。

すると施主さんの方から、隣接するマンションのオーナーと知り合いなので、フェンス越しに搬入搬出が出来る様に、便宜をはからって頂けるお話を頂きました。

それならユニックを、側まで着けることが出来るので、クレーンで持ち上げることが出来ます。

大変ありがたいお話しでした。

クレーンが届くか届かないかで、作業の効率は全く違う訳で、基礎工事を含めて、4日間で改修工事は終わりました。

作業の立ち合いに入った時に、職人の親方が「社長、他の石材店も、ここから入れているんだと思います。回ってここまで来たら大変やもん!」

「そんな事あるか!マンションの駐車場の入り口に、ユニックを止めていい訳が無いやろ~!(笑)アンタだけ特別扱い!」


「よかった~(笑)」

今回は、墓石の大きさ地盤の状況を考えて、ガッツリ基礎工事をさせて頂きました。

施工は当社の標準ですが、耐震構造、耐震施工、石棺使用でおつくりしていますので、簡単には傾かないと思います。

尺角の新規墓石も、大島石の特級でつくって頂けました。

この石は、石目が通っていると綺麗ですね!

何より今回の改修工事は、施主さんのご理解とご協力が無ければ、出来ませんでした。

連日施工にも立ち会っていただき、大変ありがとうございました。