ブログ

BLOG

山梨県のお墓です。広さは6平米で、この霊園の定番デザインなのです。

富士の裾野に広がる原生林を抜けると、突然広がった景色の中に霊園があります。

こんな山の中に景色の良い霊園があるとは、考えもしませんでした。

管理人の方のお話しでは、三度から四度は、平地と比べて気温が低いとのことでした。

墓地確認をして驚いたのが、見渡す限り6平米の墓地に、このデザインの墓石が同じ大きさで、定番の様につくられていると言う事です。

墓石の高さや外柵の高さも規定ギリギリまで大きくして、作られていました。

墓所の入り口には、左右に灯篭があり、墓誌や塔婆立ても、みなさん話し合った様につくられています。

墓石も大きいし、灯篭の加工料もかかるので、後からつくられる方は、みなさんお墓づくりが大変です。

おまけに黒御影が多いのですよ!

今回は、ご子息がお父様を助けてのお墓づくりでした。

墓地確認時に、立ち会っていただけたので、一緒に霊園内の墓石を観て回りました。

「全部6平米なのですか?大きいですね!」と聞きましたね!

初期のころに建てられた墓石の殆どが、インド黒御影でしたので、皆さんそれに合わせて、おつくりになったのでしょうね!

最近になって、一部、白系、グレー系、ピンク系の中国材がありますが、黒系の石が多いですね!

墓石を、インド黒山崎でおつくりになりましたが、インド黒に負けないくらいの高級感があります。

今回、納期に余裕が無かった為に、作り直しの時間がありませんでした。

灯篭の加工が難しいので、トラブらない様に、予め現地検品スケジュールを調整して見てきました。

この墓石も、ご子息がメールのやり取りを何度もされながら、悩みながらおつくりになりましたが、「よかったですね!お父さん!」

ご年配の方だと地元の石材店さんで、選択肢も無く、同じ形、同じ色の墓石を薦められて、購入されるケースになってしまいがちです。

息子さん!お仕事をされながら、お墓づくりを勉強されて、当社とメールのやり取りをされるのも大変だったと思います。

でも、石材店に丸投げされるよりも、想いがこもっていて、いい出来映えです。

黒御影も綺麗ですが、これからお墓を建てられる方が、このお墓をご覧になって、今後はインド黒山崎のお墓が増えるかもしれませんね!

ありがとうございました!

追伸

このお客様のお墓づくりは、最初に黒系の石、大きさは周りの墓石と同じくらい、ご予算はこれ位と決められて、会社とやり取りされました。

確かに、石種やデザインの細部、施工の仕様の変更はありましたが、最後までつくりたい墓石のイメージと予算を、ブレないでおつくりになりました。

当社は目安になる価格表をおつくりしています。

もちろんフルオーダメードでおつくりしていますが、価格表から、デザインや墓石の大きさ、墓地の広さを参考にされてください。

墓石(お墓)づくりの価格表はこちらです。