ブログ

BLOG

日本の石が良いのですが、何処へ行っても高くて!

このところ国産材の問い合わせが増えました。

今回のご相談者は、故人の希望でもあったので、日本の石でのお墓づくりをご希望していらっしゃいました。

必ずしも日本の石が高品質という訳でも無いですが、ご予算が許せば日本の石でお墓づくりをご希望のお客様は多いですね!

他社の見積もりで、半分諦めていたところ、HPの価格表をご覧になって、ダメもとでご連絡されたそうです。

伺うと申し上げたのですが、わざわざショールームに来社され、御見積書もご持参でした。

拝見すると、大変お粗末極まりない見積書でした。

石種は、国産とか中国産御影石の表示では無く、大島石と記載されていましたので、そこまでは良いとしましょう。

大島といえば、西日本を代表するような銘石ですから、見積もりの金額は、しっかりしていましたが、産地も等級も加工地の記載もありませんでした。

「金額だけを見ると伊予大島石の国内加工ですかね・・・?国内で加工する説明はありましたか?」

「日本の石だから、日本でつくるのでは無いですか?」

と大抵のお客様と同じお返事でした。

日本の石をお探しで、他社の訪問経験のある方には、産地と加工地のお尋ねする様にしていますが、加工地までの説明をしている石材店は少ないですね!

正直に説明している石材店の見積書には、産地証明や加工証明の記載があります。

何故ならそれが販売する時に、お客様に安心してもらえる決め手だからです。

更に見つけてしまったのが、なんと見積書では無く注文書になっているではありませんか!

2か月位前でしたかね?他のお客様から、見積書が注文書になっていたお話を聞いていなかったら、私も見逃すところでした。

悪意がある訳では無いと思いますが、本当に見積書と注文書を、兼用で使いまわしている石材店があるのですね!

確かに日本の石は高いと認識されているから、石材店としても、日本の石を使用するお客様なら、これ位は儲けないといけないと想うのでしょうかね!

これはシッカリ儲けていると感じる金額でした。

ご予算を伺うと、立派なご予算でしたので、なんとか大島石特級、国内加工をして、もちろん産地証明と加工証明をお付け出来る事をお話ししました。

白系の石をご希望の様でしたので、紀山石、真壁石、唐原石、滝根御影、吉祥石等をお見せすると、迷われながらも「やさしい雰囲気なのでこの石がいいです」と唐原石を気に入られました。

大島に比べると金額が安くなりましたが、気にいってもらえるのが一番です。

売れていない石材店さんは、ここぞと思うとドンドン高くして行きます。

いいじゃ無いですか特別なブランドの石で無くても、日本の石で日本の職人さんに、加工してもらうのが想いだったわけですからね!

さて今日のおさらいです。

日本の石でお墓づくりをご検討のお客様は、産地証明と加工証明を付けてもらってください。

国内加工でなくても日本の石がご希望であれば、産地証明だけでももらってください。

愛媛県産出の大島石では無くて、中国大島石かもしれません!

AG98とかAG213等と比べて違いが分かる方は、素人さんでは、殆どおいでになりません!

分かったら石屋が出来ます。

そんな人がいっぱいいたら困ってしまいます。

僕の仕事取られてしまいますからね!

僕の場合、いいお墓をおつくりすることを優先しています。

価格を最後に考えていますので、激安では無いと思います。

だから綺麗な石で加工と施工をして、質を落とさない様に、無駄と会社の利益を削っておつくりしています。

お見積もりを提示すると「その値段で作れるなら日本の石にして欲しいです」とお客様によく言われています。

インド材も得意ですが、日本の産地も幾つも訪問しています。

無料見積もりや無料相談を、お気軽にご利用されて、遠慮なく日本の石を希望とお伝えください。

無料相談はこちらです。お気軽にご連絡ください。

無料見積りフォーム ⇒ https://kashiko-ohaka.com/estimate/

フリーダイヤル:0120-953-574

メールアドレス:mail@kashiko-ohaka.com

FAX番号:058-392-6529

LINE:電話番号検索(058-322-9888)株式会社かしこ