ブログ

BLOG

大きな墓石や広い墓地は、構造と施工で価格が大きく違います!

今日は石材店同士の会話です。

仲良し石材店社長の娘婿(以下副社長と呼びます)からの相談です。

ネット販売を始めてから、まだ日が浅く成果が上がらないので、何かと聞きたい事ばかりみたいです。

時間がある時には、できるだけ話を聞く様にしています。

今回は、どうして相見積もりで負けたのか?納得がいかない様で、図面を見せに来ました。

「大きいなこれ?20平米以上あるだろう?これ予算もデカいのだろうな?」

「アレコレ要望が多いお客さんで、何度も図面を作り直して見積もりを出したら、他社がうちの原価以下で、見積もりを出して来たって言うんですよ!これ無理ですよね!」と少し興奮気味に話し始めました。

「見積もりは?」

「他社が270万で、うちがこれです」

「御社が360万円で、相手が270万円か・・・?有名大手なら700万か800万、一般石材店で500万ぐらいなのかな?安いと思うよ!同じ図面で見積もってもらったの?」

「うちのデザインと同じ大きさで作ったらしいです」

「図面上の石の量も、施工の仕様も同じなの?」

「それは・・・?」

「条件を同じにしてもらわないとダメだよ!見た目だけ同じにするなら、多分安くつくれるとおもうよ!」

「例えば5寸(15センチ)の厚みもある外柵の左右と後ろの部分を、こうしてカットして、中をコンクリートか採石、基礎を掘った時の残土を詰めて、目立たない様に、石板を貼って出来上がりかな?見えていない部分の石材使用量を、アレコレ削れば、30%以上削れないかな・・?」

「そんな・・・?」

石材使用量を削るところは、騙されるな!墓石の値段と相場の仕組み教えます。騙されるな!ミニ知識(石材使用量)を参考にされてください。

「それに広い墓地ならベタ基礎にしないで、重い物が乗る部分だけ基礎をする布基礎にするかな?施工もボンド施工のみで原価を詰めて!盛り土の部分には、コンクリートの代わりに、基礎工事で出た残土を詰めれば、残土処分料もかからないから、一石二鳥!格安の建築工場で加工賃を削れば、原価を抑えた墓石の出来上がりです。それなりに利益は残せると思うよ!」

ベタ基礎と布基礎の違いや耐震施工は、墓石の基礎工事・耐震施工と費用(価格)を参考にされてください。

「・・・?アリなのですか?そんな事?」

「僕はやらないけど、安いことだけを求めているお客さんがいる訳で、安くつくってあげる事を優先して考えている石材店なら、それはそれでアリだと思いますよ!副社長が、僕の物づくりを参考にしてくれるのは嬉しいですが、お客さんにとってのいいお墓は一つじゃ無いからね!分かるでしょう!」

「分かりますけど、ボンドだけの施工がアリなのですか?」

「積み上げるだけのお墓なら大丈夫だし、ボンドだけでも15年位は大丈夫だと思うよ!大きな地震が来たら、金具をパワーアンカーで留めてあっても、抜けてしまうからね!安く売るためには、カットする会社もあるでしょう」

「金具は付けても、それ程効果が無いと・・・?」

「そうは言わないよ!僕が金具を付けているのは、お墓の解体撤去に行った時に、コーキングは劣化してしまって、剥がれてしまっている事が多いでしょう。丁寧な石材店がね!昔の事だからステンレスじゃ無くて、鉛の金具で留めてあることがあるじゃない。解体するのに苦労しないかい?だから僕は金具を使う!まあ!地震なんか、いつ起こるか分から無いし、可能性の話だけど、コーキングも耐震ジェルも、接着の耐用年数の分かっていないでしょう。自然災害でも無いのに修理なんて事に、したく無いからね!」

「でもわずかな金額での差で、売れなかったら・・・?」

「副社長の気持ちは分かりますが、チョットしたお墓一つ分の値段が違う訳だから、金額を見たらそれは安い方が良いに、決まっていますよ!でも大きくなれば大きくなるほど、頑丈にしないとリスクが高くなるはずだよ!何年か経過して修理になったら、このお客さん大変だよ!僕なら500万円を360万円で、可能な限りのいい石と加工で、頑丈なお墓にできないかを考えるかな?」

「それはそうなのですがね・・・?」

「よくわかっている安売りの社長は、安く売るために墓石を小さくして、壊れにくい構造にしているはずだよ!多分大きな墓石の価格競争には参加しないと思うな!負けて悔しいかもしれないけど、大きな墓石の安売り競争は、しない方が無難だと思う。副社長が安く売れる墓石で商売をしたいなら、今度建築材の工場に連れて行ってあげますよ!構造も分かるし、そこの加工と墓石工場の加工を比べてから、決めて行ったらどうですか?」

「絶対に連れて行ってください!約束ですよ!」

負けると熱くなるし、思うように売れないと悩みますよね!

僕だって、自分のスタイルが固まって来るには、かなり時間がかかっていて、お墓づくりもどんどん変化しています。彼も、もう少し経つと自分のスタンスが決まると思いますがね!

日本全国を回っていると、今日ブログに書いたことなど当たり前に行われています。

とんでもない施工でも「今までこうだったから、こうするのがお墓の施工だ!」と、思い込みのままにお墓づくりが行われています。何が正しくて正しく無いかの決まりが無いのが、お墓づくりです。僕のHPで、少しだけお墓づくりを知って頂いて、石材店選びの参考にして頂けると幸いです。

私は欲張りなので、石も、加工も、構造も、施工も、譲りたくありません!

その上で安くつくりたいので、削れるものを削って、薄利で販売するしかありません!

薄利で販売するには、月に一基売れるか売れないかの、田舎にいる訳にはいきません!

だから月に一、二回は、東京、大阪に入っています。

渡航している時以外は、日本中を駆けずり回って、ビジネスホテル暮らしをしています。

だから遠隔地だからって、遠慮しないでご相談ください。

無料相談はこちらです。お気軽にご連絡ください。

フリーダイヤル:0120-953-574

メールアドレス:mail@kashiko-ohaka.com

LINE:電話番号検索(058-322-9888)株式会社かしこ