ブログ

BLOG

「アレ!ボナコートじゃ無いですか?アレ?レ?この石でしたっけ?」

図面は見ていましたが、石種を見ていませんでしたので、一瞬、間違いかと仕様書の確認をしました。

ショールームでお話しした時までは、黒ではありませんでした。

しかもスエーデンブラック!

息子さんが早朝から来て頂いていましたので、

「黒御影でしたか?」

「予算を少し出ましたが、そんなに変ら無かったので、思い切って!」

「変わるでしょー!」

「もちろん変わりますが、それほどでは無かったので!それなら、いいかな?って!」

墓地の確認や石のご説明に伺う事が多いですが、私には現場の立ち合いや、検品オジサンの渡航があります。

それからの企画は、会社に任せることが多いので、建て上げに来て「エッ~?」でしたね!

このお客様ですが、市営霊園で墓地を購入されて、お父様が園内の墓石を見て回っていると声をかけられたそうです。

いるんですよ!園内の営業活動は禁止なのですが、車の中に待機して、お構いなしに声をかける奴が!

お父さんには160万円で北大青を薦めて、次に息子さん夫婦が霊園に行くと、やはり声をかけてきて、G654を120万円で、同じデザインの墓石を薦められたそうです。

区画の大きさが同じなので、同じデザインで見積もりセットが出来上がっているのでしょう。

北大青とG654の違いはありましたが、25才位の墓石で40万円の差が出るとは思えません!

特に奥様を先に無くされた殿方は、ボッタクリされやすいので、言葉巧みに狙われます。

心配した息子さんがカタログ販売の会社に資料をもらって、見積もりも出してもらったそうですが、デザインが変わり、石が変わるとドンドン金額が上がったそうです。

ネットで検索や相見積もりをしている時に、タマタマ私のブログを読んでご連絡を頂いたようです。

わざわざショールームまで3人で来て頂き、見積書まで見せてもらいました。

「同じ黒系の中国材ですが、こんなに違いませんよ!相手を見て薦める金額を変えるのは最低ですね!」

最初の3平米セットのデザインで、G654で70万円、北大青で75万円、M1Hが88万円ぐらいでお話していましたかね!

「こんな違いですか?」

「この位でしょう!ガッツリつくりますよ!金額の違いは、石の原価だけです。加工も施工もほとんど変わりません!」

それからショールームで、アレもコレもと見積もりをされていたみたいです。

私は、翌朝早くから出かける予定なので、途中で失礼していましたので、ボナコートに決められたとは知りませんでした。

「目一杯のご予算で、つくられたのですね!ボナコートにしたのですか?」

「思っていた以上です。凄く綺麗です!黒にして良かったですよ!父も、ネットなんかで頼んだら、えらい目にあいますと説明されていたそうです」

「まあ!そう言う石屋さんいますよね」

「あんな話信用したら、それこそえらい目にあうところやった。危なかったな~!と言っていました」(笑)

「ネットでもいろんな方がいますからね!」

「私もショールームに伺わなければ、欲しくならなかったから、もっと安くつくれたでしょうね!

黒は高いからと最初から諦めていましたからね!

見たら欲しくなって、結局えらい目にあっていたりして?」(笑)

随分喜んでいただきましたが、何と言っても、出来映えを褒めていただくと石屋は嬉しいです。

今回の場合、拘った石や墓石に大きさがともなっていましたので、割安感が大きかったのかもしれません!

喜んで頂けて良かったです。

(注意!)

今回デザインが同じで、石種を変えて頂きましたので、価格の差があまり出ませんでした。

ただ、墓石の大きさや石種によって、金額が割高になることがあります。玉石と言って採掘される石の大きさが小さい石種があります。

240センチまでは価格が同じでも、例えばそれを超える300センチの部材がとれるブロックになると、原石のプライスが上がる石種があります。

ファイングレインという最高級黒御影の良質な部分は、小さな玉石でしか採掘されません!

150センチ以上の部材が取れるブロックは少ないので、その都度値段を確認しています。

石種で違いますが、石の良し悪しや部材の大きさで、価格が変わる場合があります。

つまり石材使用量×才単価では、墓石の価格は、出しにくいと言う事です。

今日は、終日立ち会っていただいて、何度も「黒にしてよかった!」と何度もおっしゃっていました。

天候の関係で、施工の予定が押してしまって、ギリギリのお引渡しになりました。

今年最後の建て上げで、喜んで頂いて嬉しいです。

ありがとうございました。

そして年末寒波の中、施工をして頂いた職人さん!ありがとうございました。

来年もよろしくお願いします。

今年も、もっと沢山の墓石を扱える様にしたらどうか?と薦められることが何度かありました。

でも気が小さいのか?ヤッパリ、目が届かなくなって、質が変わるのが怖いのです。

私の会社は、石選びから加工、施工と、四六時中石に向かい合って仕事をしていますが、実はお客様の想いに向かい合ってする仕事だと、いつも感じています。

大切なのは、お客さんとお話しする事だと思うんですよ!

コミニュケーションの手段が、もの凄く発達しましたが、直接逢って、私の顔を見て安心される方がいるなら、走って行けばいいかな?と思っています。

私にとっては何基かの内の一基でも、お客さん一人一人は真剣勝負なのです。

もちろん私たちにとっても、実験とか練習が出来ない全てが本番一発勝負です。

どこまでやっても怖いし、そんな事は気にしないと言われても、私が気になる訳です。

いいお墓にしたい!だから丁場に行ってみたり、加工に、施工に足を運んで、地べたの状況を確認しながら、泥臭くお墓をつくっています。

今年も、納期などを理由にお役に立てなかったケースが何件かありました。

知り合いの石材店が近くにあった時には、ご紹介も出来たのですが、お詫びするしかないお客様におかれましては、大変申し訳ございませんでした。

クンナムのご希望を何件も頂きながら、本物が入手不可能で8月以降のご要望にお応えできませんでした。

無力さをいつも感じていますが、来年も考え付く事はやって行きます。

お呼びがかかれば、来年もウイングロードで、走ります。

お気軽にご連絡ください。

ブログをお読みの皆様方におかれましても、よいお年をお迎えになります様に、お祈りいたします。

無料見積りフォーム ⇒ https://kashiko-ohaka.com/estimate/

フリーダイヤル:0120-953-574

メールアドレス:mail@kashiko-ohaka.com

FAX番号:058-392-6529

LINE:電話番号検索(058-322-9888)株式会社かしこ