ブログ

BLOG

これはアーバングレーじゃ無いですね!

とにかく青いアーバングレーが欲しいとおっしゃるお客様した。

このお問合せは、よくあるんですよ!

確かに青目のアーバングレーは綺麗で、青い石をお探しの方からのご相談は多いですね!

このお客様も、随分探されたのでしょうね!

「何社ものサンプルを見せてもらって、この石が一番青いと感じたのですが、これより青い石がありますか?」と、遠くから来てもらっても、買えるかどうか分から無いからと、画像を送ってこられました。

拝見して「この石アーバングレーによく似ていますが、違う石ですね!」と申し上げると、そんな事は無いはずだ!他所の石屋は、アーバンの青目だと言っているし、私もアーバンは沢山見てきているので、分かるとおっしゃるのです。


一生懸命な方なので、出来るだけ興奮させない様に、言葉を選びながらお話をしました。

「アーバンの青目と言う表現は、その石に関して間違ってはいませんし、その石屋さんは、ウソを言っているわけでは無いと思います!この石はよく似ていますが、アーバングレーとは、丁場の場所が全然違うんですよ!」

「・・・?」

このお客様が、青目として薦められたのが、アーバン青として流通している石で、カルナータカ州のバレイ近郊で採れている石のようです。

この丁場には、私も行ったことがありません!

流通段階での交通整理が出来ていないので、工場で名前が違いますが、アーバングレーでは無いことは、一致しています。

私が現在扱っているアーバングレーのサンプルと、二枚合わせて撮影をしてお送りしました。

左がアーバングレー、右がアーバン青

見た感じはアーバングレー赤目の様に、錆びる様な感じでも無く、黒っぽさと青さを感じる石で、新しい石なので何とも言えませんが、品質も良さそうです。

値段的には、才あたり5ドル位の違いですから、善意で考えて、値段ではなく青さでお薦めになったのでは、無いでしょうか?

私はどうしても、磨かれた表面の、ガラスの様な透明感が好きなので、アーバングレーをお薦めしています。

アーバングレーは業者間では、MD5として取引されていますので、アーバングレーをお求めなら、MD5であるかを確かめてください。

ムドッガル地域産出でMD5なのですが、最近MD6、MD9等の石が流通していますが、アーバングレーではありません!

磨かれたMD5の青目は大変綺麗です。

墓石にお使用される石としての品質は最高峰で、コストパフォーマンスにも優れています。

とにかく大変バランスのいい石材ですが、悪い奴がいるんですよね!

それらしい名前を付けて、高額で販売しょうと言う輩が、大変多いのでご注意ください。

お客様からお問い合わせがあって調べると、アーバングレーなんて事が、何度もありました。

それなりの価格の墓石で、1社の石材店だけの扱いならその石材店だけの名前です。

騙されないHPの観かたは、何社かの石材店が、同じ名前で紹介をしていれば安心ですが、石材店は1社だけで、それ以外は異業種のサイトの紹介は、信用しない方がいいです。

比較サイト、紹介サイト、墓石の通販サイトは、石材店HPのコピーをしているだけです。

石材店では無いので、彼らは石のことは知りません!

石材店の数には入りませんので、ご注意ください。