ブログ

BLOG

洋墓(洋風)のデザイン墓石なら周りと比較しながら、かなり安くつくれますよ!

「出来るだけ安くつくりたいのですが、何処の見積りをもらっても予算オーバーなんですよ!」

「どれくらいのご予算ですか?」

「できれば、〇〇万円ぐらいでつくりたいんです!」

予算をお聞きすると、それ程低いご予算ではないので「すいません!何平米ですか?それとも周りのお墓が大きいんですか?」とお尋ねすると、120センチ×120センチくらいで9寸と言われましたが、みなさん1メートル位高く石が積んであるんです」

「あ~、お話の内容からすると、間知石が3段ぐらい積んであって、その上に外柵があって。合わせて1メートルの高さに9寸の墓石が、乗っているわけですね?」

「そーなんです!周りが大きいので、自分のうちだけ、小さいのはと思うんですが、・・・・・?」

これは現地で削りながら積み上げますから、人件費(費用)が大きくかかります。

「差し支えなければ、みなさんどれ位のお見積もりですか?」

「○○〇万円が最低価格です」

「ご予算とは、桁が一桁違いますが、その見積もりなら、安いと思いますね

!雑に積まれないか、心配なくらいです!」

「そ~ですか~!」

「周りと比べて貧弱に見られないで、ご予算でおつくりになりのなら、洋墓(洋風)というか、デザイン墓にされれば、石材の使用量を変えることが出来ますよ!」とお薦めしました。

外柵が低くなると貧弱に見えるので、間地ではないですが、外柵を1メートルの高さにして、デザイン墓をお薦めしました。

和墓は形が似ていて、大きさの単位があるので、小さくなるとチープ(貧弱)に見えてしまいます。

その点、デザイン墓なら形が違いますから、周りと比べられることも難しく、大きく存在感がある様に観え感を変えることが出来ます。

上のどの墓石も石材の使用量は同じですから、石種が同じなら墓石の価格は同じです。

一番右のデザインは、大きく感じますが、真横から見ると一番左のデザインが、厚みがあり奥行が深いです。

予算重視で考えられるなら、デザインを変えてみるのも方法です。

墓石の選び方は価格比較しながら予算の検討を参考にしてください。

当社では、画像を360度回転してご覧になっていただく事が出来ます。

(背景合成写真)

少しでも高く売りたい!何でもいいから売りたいのは商売人!

予算が少なくても、リッパに建ててみせたいと想うのがホントの職人です!

値段を比較して相場がわかったら、同じ予算でどれだけいいお墓をつくれる提案力があるかを、比べてもいいですね!

その為には、少しだけ基礎知識を付けてくださいね!
料金・価格一覧

墓石の値段(価格・相場)はこうして決まります

墓石の選び方は価格比較しながら予算の検討

お墓づくりの基礎情報は、HPでご覧になっていただけます。