ブログ

BLOG

お墓の修理の見積もりで「このひび直さなくていいですよ!」

建て替えか、修理か迷っているとのご相談で、息子さんと親子で待っていらっしゃいました。

「ここ何年も主人が事故にあったり、この子が病気したりで、悪いことが続いていてね!

この前墓参りに来たらお墓にひびか入っているのを見つけて、いい事無いと言うでしょー!」

「ご主人大丈夫だったんですか?」

「おかげさまで、大したことは、無かったんですが、気になるでしょー!」

「う~ん!」

返事に困っていると、息子さんが

「他の石屋さんに聞いたら、黒は高いんで建て直すと180万ぐらいかかると言われたんです。

予算もないので、安く出来ないかとネットで調べて連絡したんですが、その位はかかる物ですかね?

この部分だけ変えたら目立ちますかね?

そういうことは、いけない事なんでしょうか?」

「黒御影でつくっても多分半分ぐらいでつくれますが、この位なら直さなくていいですよ!

奥さん、このお墓にびびが入って、ご主人を守ってくれたんじゃないですかね?

ご先祖様が守っていらっしゃるんですよ!

そんないいお墓さわらない方がいいですよ!」

「エッ!そんなこと・・・?」

「たとえば、お茶碗が割れて、厄を変わってくれたなんて聞きませんか?」

「お墓でもそんな事言うの?」

「全然大丈夫です!もし息子さんの代で壊れたら連絡ください。その時私は、もういないかもしれませんがね!(笑)

お墓に何かあると悪いことがおきるなんて、占い師や石屋の出まかせです。

人生にはいい時も良くないときもあるんで、悪い方にばっかり考えないで、お墓参りしてください。

きっと、いいことありますよ!」

「そう言ってもらうと安心するけど、あんた悪かったねー!遠いところ来てくれたのに!」

おもむろに財布からお金を出そうとされるので、お断りして早々に失礼しました。

また友達に、「お前は自分だけいい格好して、他の石屋からしたら、エライ迷惑の悪党やで!」なんていうやろ~な~!

内心僕だって、想っているんですよ!

(あんなこと言って、また敵をつくっちゃったな~凹、インド黒御影のクンナムなら100万ぐらいの大きさだったな!)なんて、悔んでいる○○にバカが付く石屋の話でした。