ブログ

BLOG

中国に行っている天山石は良くないんですか?

「墓石の展示場回りをしていたんですが、天山石が国内最高の性能だと説明されました。

国内加工がお勧めで、中国だと安く出来ますが、あまりいい石が行ってないと言われました。

一回だけの事なので、良い物を作りたいんですが、予算がオーバーしています。

良い石は日本でないと難しいんですか?」とのご質問でした。

「日本の石がご希望ということなんですね!」

「そうです。日本の風土には日本の石が良くて、中でも天山がいいと言われました」とおっしゃいました。

それで幾つかの事柄にわけて順にご説明させていただきました。

天山石は国産墓石材でも最高品質の一つですが、他にも綺麗で高品質の石は沢山あります。

海外の石では、天山石の品質を超える数値の美しい石も沢山あります。

日本の風土に合うかどうかは、わかりませんが、山岳地帯で採掘された石を海辺で建てて合うんでしょうか?

営業マンのセールストークだと思います。

最後に海外に運ばれた石の良し悪しのご説明をします。

今回の場合天山石なんですが、中国には大変多くの天山石が輸出されています。

業者間では、天山石と言えるのは、天山石材と田中石材の石を天山石と言って、他の天山系の石は、七山みかげ、富士みかげとして区別されていますが、天山石材の石も田中石材の石も産地証明を出してきます。

良いか悪いかで考えれば、良い部分も悪い部分も根こそぎ買い付けて行ってしまうことです。

要するに現地で良い石を探して、いい製品を作ってくれる工場と付き合いがあるかどうかです。

国内で加工されても予算を抑えてつくってもらう方法もありますので、墓石を国内加工するメリットと安く作る方法をご覧になってみてください。