ブログ

BLOG

「日本の墓石が欲しいんやけど、日本の墓石はあるんかね?」

ご年配の方からのお電話で、とにかく日本の石を日本で加工して欲しいとおっしゃるのです。

石種は決まっていますか?とお尋ねすると天山の特級とおっしゃるのです。

墓石の大きさは、普通の和墓とおっしゃるだけで、墓地の広さが畳壱畳より少し大きいくらいらしいです。

ご予算をお聞きすると税込み100万で建てたいとのご希望でした。

天山の特級で2平米、基礎工事や外柵をつくると予算がで上がるかな・・・・・?と思いました。

「墓地確認をさせていただいて、ご説明させていただいて、納得していただけたら、おつくりさせていただきます」と申し上げました。

天山特級で国内加工で100万で上がるかどうか?だけをお聞きになりたかっただけみたいで「上がるんやね!」とだけ言われてお電話をお切りになりました。

当社は墓石の価格が高くても低くても墓地確認とご希望をお聞きしなければ、おつくりはしていません!

電話やメールだけではご説明できないことも多く、今回の様に普通の大きさとおっしゃるのが一番困ります。

お客様にとって普通でも、他の墓地に行くと際立って大きい場合があるからです。

僕もマジシャンでは無いので、限界はありますが、加工や施工の方法で予算に近づけて行くことはできます。

今回、ご説明出来なかったことを石材店に聞けない話にまとめておきました。

墓石を国内加工するメリットと安く作る方法をご覧ください。