ブログ

BLOG

墓石の値段は、電化製品の様に全く同じ物では無い。

先日も墓石の設計図と他社の見積書を送ってこられて、この金額が妥当なものであるか知りたいとのご相談でした。

お話を伺うと「父が近所の石材店で墓石の注文をしていますが、どうしても高いような気がするので見てほしい」とおっしゃるのですが、お返事に困りました。

大手の家電量販店の地域での最低価格保証の様に、比べる物が同じであれば簡単ですが、墓石は、石、デザイン、地盤の状況等の条件が一つ一つ異なるために適正価格かどうかの判断は大変難しいです。

特に石材は、私たち業者でも判断に困るくらいで、信頼できる仕入先の同じ丁場(石の採掘される場所)でとれたものとして判断することが多いです。

同じ石でも、並石、上級、特級、極上、極極上等の表現がされています。

並石と特級の違いはわかっても特級と極上の違いなんてわかりません。

それで「妥当かどうかのコメントは出来ません。中国の黒石とのお話ですので原産国が中国の黒色の御影石だと思うのですが、石材店であれば、原産国と石の名前、石材番号をご存じだと思いますのでお確かめになってはいかがですか?それと中国の黒い石には鉄分を含んでいるものが多くありますので時間とともに赤くなることが多いのでご注意ください」とメールでお返事させていただきました。

墓石をお求めになるときには、最低限、石の原産国、石種、石の性質、施工の方法はお聞きになるべきだと思います。

やっぱり石材店と話すと、騙されたり、売り込まれたりする気がして不安だと思われるお客様は、お墓づくりのわかる無料カタログをご請求ください。

簡単ですが石材店とお話しが出来ると思いますよ!