自社施工だから安心だといえるのか?

STONE STORY

日本で建てられているお墓の大半が、中国でつくられて、インドの石もヨーロッパもアフリカも中国に運ばれて加工されているのに、自社で施工をしているからって安心でしょうか?

加工と施工は、間違えやすいですが全く違います。

加工は原材料、この場合は原石に手を加えて墓石をつくることで、施工は、設計図や仕様書に基づき墓石を建て上げる事です。

自社施工と聞くとその石材店でつくっていると思って買われる方が多いと思いますが、そうでもありません。

墓石は中国でつくっていると聞かされると、買うのを躊躇された方も、いらっしゃるのでは無いでしょうか?

海外の原石を日本に輸入して加工していると思っている方が多いですが、現実は日本の石の多くも、中国へ輸出して墓石に加工して輸入されています。

国内の石を自社加工している事を、ご自慢なさる石材店もありますが、日本の石だけでも数は沢山あります。

本当にいい墓石を望まれるなら、やはり産地の近くの工場に加工してもらう事ではないでしょうか?

その石の扱いも多く、よく精通しているのでそこで加工してもらうのがベストです。

自社で施工している石材店は、無くなってきているので、それを売りにしていらっしゃるのでしょうが、はたしてそうでしょうか?

うちは、自社で施工していますので、下請けには出していないので安心です。

DSCN3132

自社施工の会社の職人さんは、下請けの職人さんより技術が優れているのでしょうか?全くその逆もあるのでは無いでしょうか?

その仕事をやり続けて、見事な建て上げをされる方を何人も存じ上げています。

大切な事は、自社とか下請けとかではなく、施工の仕様では無いでしょうか?

自社で建てているからって、満足に基礎工事もしていない施工ではどうしようもありません。

例えば、お客様からの依頼で新しく造成したばかりの墓地の確認に行き、基礎工事の方法をご説明すると、他社は、「地面を叩きますが、基礎なんかやりません!」と言い切ったそうです。

墓地確認で25㎝の深さまで新しい土が入っていますので、地盤がゆるく、基礎工事無しでは考えられません。

会社の営業方針や経営の方針で、加工や施工の仕様が決まります。

仕様に合った墓石が出来上がるマネジメントや品質管理が重要なのでは無いでしょうか。

加工も施工もお客様に自信をもって説明が出来る仕様で、墓地確認から始まり、渡航しての検品、基礎工事、建て上げの立ち合いまでの一貫した品質管理が一番安心できるのではないでしょうか!