「国産墓石」という表示の裏側!

STONE STORY

「ほんとは作っているのは中国なんですね」

日本の石材のどれ位でしょうか・・8割以上、もっと多くの国産材が中国へ輸出されて墓石に加工されて輸入されていると思います。

国産の定義は自国での生産、産出した産物ですから、日本産出の石材であれば中国加工でも国産墓石の表示でOKになってしまいます。

現に国産墓石の表示のチラシや、お店の表示はほとんどが中国加工です。

国産墓石と表示してあれば、ほとんどの方が日本で加工していると思って購入していると思います。

詳しく説明すると「高くて売れなくなってしまうから、いらんことを書くな!」と言われそうですが書いちゃいます。

「いいでしょう!国産墓石です」「日本の石で出来ています」だけの説明ならまず中国加工ですね!

「この墓石は、国内加工ですか?」と聞いてみてください。

話題を変えられたり、無視されたらそのお店や営業マンは信用できませんね!

黙っていても高く売れれば、沢山儲かりますからね!

本当に日本で加工した日本の石材であれば「国内加工」か「純国産墓石」というはずです。

余談ですが国産牛の定義は最も飼育期間が長い地域を原産地とするルールですから、アメリカやオーストラリアから輸入して飼育期間が日本の方が長かったら国産牛です。

日本で生まれてなくても、在日期間がながければ日本国籍を取得出来るというわけです。

DSCN2538

石材でいえば紛らわしい名前で一杯です。

中国庵治、中国大島、中国小松、中国吹雪なんて数えたらきりがありません。

中国の石材に、日本の高級墓石の名前をつけて勝手に高そうにみせて販売したり、太閤石なんて言えば高そうですが調べてもわからない独自の名前で販売されています。

ほんとにみなさん高く販売する天才だと思います。

商売をしている以上、どのお店の営業マンも自分の店でお墓を買って欲しいものです。

でも、消費者にその場限りのウソや紛らわしい情報を伝えて、正確な情報を正直に伝えないというのはどうかと思います。

私たち販売する側には、正しい情報をお客様に伝える責任と義務があります。

お墓の販売するにあたっては何の資格も要らないので、新人営業マンや葬儀社、仏壇店、葬祭ギフト店等も販売をしています。

商社に頼めば、簡単にお墓がつくれてしまうために、僅かばかりの知識で知ったかぶりをして販売している業者も少なくありません。

昔からの老舗の石材店でも、加工は商社任せ、施工は土建業者任せなんて事があるくらいです。

加工している現場や、石材を産出している丁場を知らない販売店が真にお墓の品質の説明が出来るとは思えません。

ろくに石材知識もなく販売をしたためにクレームになった話もよく聞きます。

こんな話をすると、お客様はどこに相談すればいいのかわからなくなってしまいます。

私たちお墓づくりに携わる人間は、リアルタイムで正確な情報を伝える事が出来るスキルが必要になって来ています。

これからの石材店は、情報を正確に提供できるノウハウを持ち、最低限のモラルをもってお客様に対応しなけばなりません。

国産墓石の表示だけで、どこで加工しているかを説明しないで販売するなんて正直さに欠けています。

国内加工でも中国加工でも墓石がどこで、どんな工場が、どんな基準で、どんな管理をしているかが大事です。

墓石の国内加工の現状

過去に石材店(石屋)といえば、お店の主人が墓石を加工していましたが、現在墓石加工の90%に近くなってしまったのではと思うほど、国内で加工できる職人が殆どいなくなりました。

何年か先にはいなくなるんじゃないでしょうか!

キツイ仕事だけでなく塵肺で体を壊すので、後継者がいません!

カクモノと言って直線や平面の加工は出来ても、ヤクモノと言う曲面の加工は、ヤクモノ屋さんと言って、それを専門に加工をしている業者さんに出します。

つまり一つの墓石を一人の卓越した職人がつくっている事は少なくなりました。

日本のヤクモノ屋さんでは、加工賃がべらぼうに高くなるので、その部分だけを中国に加工を依頼するなんて、情けない話です。

それを正直にお客さんに話して、販売するならそれもアリだと思います。

でも、悪い奴がいるもんで、その商品の形状を大きく変えたのは、日本だから国内加工だとして、部分的に中国で加工していることを説明しない販売店が問題だと思います。

  • かくもの墓石

  • やくもの墓石

墓石の中国加工の現状

中国でも上手い職人の数は、着実に減っています。

日本の商社から安く作る要望が強く、石目のある石材でさえ縦横でカットしたり、磨きで手を抜いたりの加工です。

安さを追求している工場では、同じ石種でも安い石を選んで使っていて、ゴマカシ加工が、当たり前の様に行われています。

これは中国の工場が考えた事ではなく、日本の石材商社が教えたというのが、正しいようです。

彼らは彼らで、一般石材店から、安い商社から仕入れると、相見積もりを取られて、黒い油で塗られたインド黒御影です。

「これは何ですか?」「お客さんの要望で塗っています」黒御影を安く作るためには、粗悪品の石を使って、白く見えたり村の部分を、加工後に塗ってゴマカスしかないですね!

日本の加工と中国加工の違い

加工の機械としては、日本の石材工場が、高性能な物を使っているので、カクモノについては、精度が高いでしょう。

一方、ヤクモノになるとハンドメイド中心の加工をしている中国には上手い職人が沢山います。

一般的に砥石でなくバフを使う中国加工より日本の磨きの方が綺麗です。

インドも磨きが綺麗だと言われますが、日本やインドは固定給、中国は歩合給です。

日本の加工と同じレベルの中国加工

過っての日本の職人がそうだった様に、石目を通し、キズは誤魔化さずに取り替えて、磨きも丁寧に寸法も正確につくってくれる工場は存在します。

日本に職人がいなくなって来ているんですから、中国にやってもらえばいいんです。

中国加工は、悪かろう安かろうではなくて、それなりの加工賃を払うことで、天目を通して、砥石を中心とした研磨で、綺麗に磨き、寸法も正確につくってくれます。

それでも国内の職人さんにお願いするより、加工賃は、全然安いです。

一か月に何基も作らない日本の職人さんと、毎日つくっている中国の職人さんとどちらの技術が上なんでしょうか?

それは日本人だと言いたいんですが、中国にも上手い職人さんはいますね!

工場の通路の綺麗に整頓され、職人さんの施設も大変綺麗です。

いい職人さんを集めるには工場がそれなりの待遇を用意しています。

中国でもそれなりの職人に、それなりの対価を支払えば、いい墓石をつくってくれます。

元々墓石は、地域の石屋さんが、心を込めて、一基一基加工していたものです。

中国加工でも、手間をかけて、丁寧に加工してくれた墓石はやはり綺麗です。

このカット、この艶、お願いすればやってくれる物ですね!

「安物買いの銭失い」といいますが、価格だけを追求すると、結局高くつきます。

中間マージンや物流コストを圧縮していくのが、安くつくるコツです。

日本の石でも、外国の石でも、いい墓石をお値打ちにご希望のお客様、激安は無理ですが、中国加工で高品質中プライスは可能です。

(株)かしこで無料お見積もりをしてください。

無料見積りフォーム ⇒ https://kashiko-ohaka.com/estimate/
フリーダイヤル:0120-953-574
メールアドレス:mail@kashiko-ohaka.com