度の過ぎた相見積もりは危険です!

STONE STORY

お墓は、電化製品や車と違って何度も買うものではないですし、墓地の広さや、選ぶ墓石の大きさ、石種によって値段が違うために、高いか安いか値段がわかりにくい物です。

同じ墓石でも石材店で販売価格が大きく違います。

同じ石材でもランクがあり、極上、特級、一級などで区別されていますが、私たち石材店でもわからないことがよくあります。

関西では一級でも、関東では特級で売られている事などザラにあります。

施工の違いもありますが、最も大きく違うのが石材店の利益です。

利益率が20%~80%の違いがある様に感じる事もあります。

高すぎるだろー!もう少し常識的な販売をしたらどうかと思うこともあります。

「予算がありそうだったし、別に値段はあって無い物だからいいじゃないか!100万は100万、200万は200万のお墓なんだから」と何の疑問も感じないのです。

何故なら、今までずっとそうして来たから・・・

昔から墓石はその地域の石材店が建立していて、他の地域の石材店と比べることが無かったために、その地域の相場はその地域の石材店が決めていました。

これだけ情報が豊富に入手できるようになって、いくら老舗だからってこんな事は許されないと思うのですが、ネットを扱えない方も多く、未だに言われたままの金額で、多少の値引きで満足してお求めになる方が多いです。

何社かに相見積もりを依頼されれば、常識を超えた値段で買うことは避けられますから、ここでの相見積もりは有効だと思います。

mitumori

問題は価格を下げて石材店どうしの競合になった時です。

石材店は仕事が欲しい、安くしたい、原価を抑えたいが利益は確保したい。

ここから、商社に依頼して安く上げるためのごまかし加工が始まり、施工業者の工賃を削るためにお墓づくりの資材の質を落としたり、一日に何基も建てるために仕事が雑になります。

誰でも安ければ安い方がいいに決まっていますが、ここで安心も考えて頂きたいのです。

安心の最低条件は、

・予算に合わせて、ご希望の石のメリット、デメリットの性質や品質の説明をしてくれる。

・墓地確認をして、設計図やCG画像で完成イメージを見せてくれる。

・画像などで、施工(耐震)内容の説明をしてくれる。

・総額の価格表示(税込)をしてくれる。

・建立後の保証がある。

・建立時に立ち合いが出来、できない場合も写真で報告があること。

・完成図面、完成画像、彫刻見本を添付し、墓石の総額、納期、石の原産国、石種、建立場所、施工方法を明確にした契約書を作成してくれることです。

これらのすべてを含んだ物が墓石の値段です。

安心も含めて墓石の相見積もりをされることで、真に安い墓石がつくれます。