度の過ぎた相見積もりは危険です!

STONE STORY

(投稿日) (最終更新日)

お墓は、電化製品や車と違って何度も買うものではありません!

電化製品の様に、製造番号があり、同じ商品を値段だけで比べて購入するという事が出来ないのです。

何故なら、墓地の広さや、選ぶ墓石の大きさ、石種によって値段が違うために、比較することが出来ません。

その事が、高いのか?安いのか?値段が大変分かりにくい物にしてしまっています。

同じ墓石でも石材店で販売価格が大きく違います。

同じ石材でもランクがあり、極上、特級、一級などで区別されていますが、私たち石材店でもわからないことがよくあります。

関西では一級でも、関東では特級で売られている事などザラにあります。

施工の違いもありますが、最も大きく違うのが石材店の利益です。

利益率が20%~80%の違いがある様に感じる事もあります。

高すぎるだろー!もう少し常識的な販売をしたらどうかと思うこともよくあります。

「予算がありそうだったし、別に値段はあって無い物だからいいじゃないか!100万円のお墓は100万円で、同じお墓でも200万円で売ったお墓は200万円なのだから」と何の疑問も感じないのです。

何故なら、今までずっとそうして来たから・・・!

売れた値段が相場なのだから!

昔から墓石はその地域の石材店が建立していて、他の地域の石材店と比べることが無かったために、その地域の相場はその地域の石材店が決めていました。

これだけ情報が豊富に入手できるようになって、いくら老舗だからってこんな事は許されないと思うのですが、ネットを扱えない方も多く、未だに言われたままの金額で、多少の値引きで満足してお求めになる方が多いです。

何社かに相見積もりを依頼されれば、常識を超えた値段で買うことは避けられますから、ボッタクリをされない為の相見積もりは有効だと思います。

相見積もりの際に注意するポイント!

相見積もりをする時には、必ず墓地の広さ、墓石の大きさ、石種、施工の仕様、保証等は同じ条件で見積もってもらってください。

相見積もりは入札と同じです。

正しい相見積もりをするためには、墓石の図面、石種、施工の仕様が同じであることが、最低限度必要な条件です。

条件が同じであれば、誰でも安い方がいいのですが、値段だけに気をとられて、墓石の大きさ(石材使用量)を同じにしないと、構造上で大きく手抜きされてしまう事があります。

相手は百戦錬磨の強者ばかりですから、スキを見つけてお客様を騙してでも、他社を出し抜こうとする連中が多くいます。

相見積もり後の再交渉は絶対危険です

再交渉とは、最も安かった石材店の金額を、入札で負けた石材店か他の石材店で、再見積もりしてもらうことです。

再見積もりを頼まれた石材店は、シメタと想うでしょう。

「このお客は値段しか見ていないから、トコトン値段を下げて他社を出し抜けば売れる!」と考える訳です。

金額を教えたらもう入札ではありません!

石材店に、他所は幾らだ!幾らだ!と伝えれば、見積もるたびに、魔法の様に価格が下がります。

石材店も仕事が欲しければ、そこに売っている石材商社も、仕事が欲しい訳です。

安い所から買うからの連鎖が、工場まで行ってしまう訳です。

何故なら、石材店は仕事が欲しい、原価を抑えたいが利益は確保したい。

誰だって損してまで仕事をしませんからね!

先ずは図面上の強度や構造を無視しても、コストを抑えにかかります。

工場も買値を叩かれるわけですから、取りかえをしていたら採算が合いません!

施工業者も日当まで削られては、資材も削って短時間で施工してきます。

業者間の相見積もり合戦で、品質等そっちのけのゴマカシ加工に、手抜き施工になってしまいます。

こうなってしまうと最初と同じお墓では無くなっています。

お墓は、建築基準法の様な物はありません!

つくっている時に立ち会っても、初めてお墓を建てる方に分かるはずもありません。

薬漬けにしてゴマカシタ部分が、2~3年後に分かっても、納骨が済んでしまっている事でしょう。

同じお墓なら安く欲しい!

でもお墓が粗悪品になっては、安くても意味がありません!

そんな事をするくらいなら、最初に安かった石材店に、もう少し予算を抑える方法を相談した方がいいでしょう。

競争の中で価格が決まって行くのはいいことですが、同じ予算なら少しでもいいお墓をつくっていただける様に、直接石材店との相見積もりをご使用ください。

石材店(墓石店)の選び方に、石材店のタイプ、相見積もりも仕方、見積書の内容を見る時の注意等、ご説明がしてございますので、ご参考にしてください。