品質管理の石材店

STONE STORY

(投稿日) (最終更新日)

石材選びから墓地確認、企画、CADの図面作製、加工管理、貿易、施工、検査、お引き渡しまでの全てをマネジメントする管理会社です。

企画はしますが、直接加工や施工をしていません。

お家を建てる時の設計事務所のような会社です。

簡単なショールームを持ったり、事務所を持ったりで、形態は様々ですが、大きな石材展示場等は持たないので、経費率が低くて、一般石材店よりはかなり安いです。

墓石の販売をしていますが、管理料としてのマージンで、会社の運営をしています。

ブローカーとの違いは、墓石づくりの全ての工程に関わり品質に関して、責任を持ってくれますので安心です。

建築事務所の建築士の様に、仕様通りに加工されているか?施工されているのか?立ち合って、墓石の確認をする位で無いと、丸投げのブローカーと同じです。

仕様通りかな?

何よりも広い知識とネットワークが必要な仕事です。

お店をかまえていても、知識もない!管理もしない!保証も出来ないでは、大切なお墓はまかせられません!

お客様の立場に立って、直接生産者と交渉できるのが、品質管理の石材店です。

(株)かしこは、大きく分けた場合、この分類に入ります。

国内、海外を問わずに、企画、原石からの石選び、加工、施工に立ち会って品質の維持管理をしています。

物づくりは、原材料から完成までを一貫して管理し、各部所にフィードバックし続ける事で、質を保つことが出来ます。

丸投げをして、「信頼できる取引先だから大丈夫!」「信頼できる工場だから!施工会社だから!」では無いのです。

国内加工で、日本の職人さんとでも、細かな部分まで打ち合わせが必要な仕事です。

海外加工では、相手が外国人なのです。日本の霊園を見たことが無い様な職人が加工しているのです。

日本人の品質に対しての考え方、品質の基準を伝えるには、言葉だけでなく頻繁に会って、コミュニケーションを取り続ける事が必要なのです。

自然の石をは、どれ一つとして同じ物はありません。

丸投げにしてしまった時、作り手や合格点と、お客様の合格点が違うことが多く出てきます。

その時、丸投げにした石材店が使う都合のいい言葉は、「自然の物ですから、これ位は!」なのです。

合格点を変えるには、大変都合の良い言葉です。

確かに交わしきれないキズ、ナデ、玉等もありますが、買い手の目線で検品することが大切でが無いでしょうか?

「墓石はお客様の為につくります」勘違いした石材店が、利益の為に作る商品では無いのです。

いつの世も、商売の基本は物づくりからです。

丸投げでは、ブローカーと同じです。

ブルーの結晶が沢山入ったインパラブルーの墓石をお求めならご連絡ください!

» 続きを読む