国産御影石、中国産御影石等、御影石だけの表示には要注意です!

STONE STORY

(投稿日) (最終更新日)

御影石は、お墓に使われる石として広く知られていますが、御影石と呼ばれる墓石の種類は沢山あって、国産とか中国産等といった表現では石種が分かりません!

「お墓を建てて2年目なのですが、出来た時と比べると全く色が違ってきているので石材店に話をしたのですが、自然の物だからこれくらいは仕方がないですと言われました。どうしても納得できないので見てもらいたいんですが?」

「お建てになった石材店さんが、いるわけですから、私が拝見して石材店とお話をするわけにはまいりませんが、せっかくお電話していただいたので、どんな石でおつくりになりましたか?」

「御影石です」

「いや、御影石の石種があるんですが、ご存じありませんか?」

「中国の御影石と聞いています」

「中国の御影で、Gの何番と言う番号は、お聞きになりましたか?」

「・・・・?」

何とも申し訳なかったんですが、お返事のしようがありませんでした。

「水を吸いやすい石もありますが、石の強度が著しく悪くて崩れるようなことはありませんのでご心配いりませんよ!

周りのお墓と比べて著しく変色が進んでいるのなら、建てられた石材店にお話をされてはどうですか?」とお返事しました。

皆さん御影石と聞いただけで安心してしまうのかもしれませんね!

昔は、堆積岩(砂岩)でお墓がつくられていましたので、砂岩と比べたら間違いなく硬くて強いです。

現在は殆どが御影石ですから、壊れないのは当たり前で、変色しない事も求められます。

簡単に御影石についてお話しますね!

岩石の種類.fw

元々の御影石は、神戸の東灘区の御影町で採掘された花崗岩のことを御影石と言いました。

現在では深成岩の全てを御影石として販売されていますからどんな石でつくられているのか全く分かりません。

御影町の花崗岩は、本御影として区別されていますが、もう入手は不可能です。

閉山になって随分経過していることと、今や国立公園の中ですから採掘なんかできません!

今や世界中の深成岩を御影石と言いますから、何百種類にもなって、私でも知らない石が沢山あります。

例えば、中国の石材には、必ずG-・・・の番号が付いています。Gはグレナイト(花崗岩)のことです。

番号 地域 主な石種
G-1~ 湖北省 G-130
G-2~ 江西省 G-219
G-3~ 山東省 G-130/G-354
G-4~ 江東省 G-435
G-5~ 江西省 G-562
G-6~ 福建省 G-623/G-603/G-654
G-17~ 東北 G-1704/G1791/G-1792
G-94~ 湖南省 G-9426/G-9425
黒龍江省 黒龍石/K-12
山西省 山西黒/北大黒/北大青
河北省 河北山崎/万年青/雪花青

代表的な石種を載せましたが、番号で確認できる石種か、誰もがわかる石種が、実績や性質もわかって安心です。

日本の石、インド、南アフリカ、ヨーロッパその他世界中の石には名前がついています。

ネットで検索して、名前が出てこなければ、その石は買わないというよりその石材店から買わないことです。それが昔からの老舗の石材店でも、信じてはいけません!

好意的に見れば何も知らない!わからない!ですが、悪意で見れば、誤解されるよう詐欺です。

あるいは、石材名が分かってしまうと、他社と見積もりで比べられるのを嫌ったりするからです。ボッタクリがバレますからね!


+
また安くても実績の無い石材(採れたばかりの石は、安いですが、経年変化がわかっていません)を使っている可能性が大きいからです。

国産御影石とか日本の石なんて表現は、インチキです。

ちなみに墓石に使用されている日本の石で、本小松石は高級石材ですが安山岩、大谷石は凝灰岩で御影石ではありません!経年変化が激しく、壊れやすいです。

石材名を載せていないチラシや店頭の表示に騙されない様にしてください。