ボッタクリを避けるための裏ワザ!

STONE STORY

ここで言う「ボッタクリ」は、常識的な価格では無いお墓の販売の事です。

よく「バカ高い」とか「あんまりにも高いんだけれども」とのお話を聞きますが、同じお墓でないと比較ができません。

高いと感じていらっしゃる方は、ご自分のご予算より高いのでしょうね!

石材店によって販売やお墓つくりのスタイルが違いますので一概には言えませんが、下記の石材店は,経費が多めにかかります。

・大手の石材店は、企画、仕入れ、施工、総務経理、営業、社長さんを含む管理職等の組織で出来ていますので、人件費は大きく価格に影響します。

・展示場をお持ちの石材店は維持費と常駐の営業人件費がかかります。

・自社施工の石材店は、ダンプやクレーンの償却費がかかります。個人で自社施工だと機材の稼働率が悪く価格に影響しています。

DSCN0795

石材店で経営方針や考え方が違いますので、いい石材で「いいお墓がつくれれば、いいのかな?」と思います。

冗談じゃない!十万も二十万も違うじゃないかと思われる方は、同じ石材で、同じ加工や施工の仕様で同じ大きさのお墓の相見積もりを取られてもいいのでは無いでしょうか?

また、安くつくってくれる石材店の探し方をご覧になってご参考にしてください。

ここで言う「ボッタクリ」は、当社の最も頑丈な施工で、加工も同じく中国で、同じ石材を使用して160万で見積もったお墓が310万で見積もられていたことがありました。

これくらい違うと、間違いなく「ボッタクリ」と言われても仕方がないと思います。

こういう見積もりは、大きなお墓や高価な石材を使われた時によく遭遇します。

60万や70万のお墓では、差をつけようがありませんが、ご予算の大きい施主様から頂けるだけ頂く販売です。

説明をよく聞かずに、初めてで経験した事が無い事を理由に、任せっきりにするとこうなる事があります。

もう一つは、紹介者が、業者(葬儀、仏壇、ギフト、葬祭関係を営む会社、機関)のケースです。

石材店に任せっきりで、紹介のみの業者さんもおいでになりますが、同行して墓地確認や商品説明に立ち合ったりしている以上、多かれ少なかれ何らかのマージンは発生しているのは仕方がない事です。

誰も無償では動きません。

お友達やご親戚のご紹介はそんなものは無いでしょうがね!

今まで一番すごかったのが易者さんのご紹介の石材店との相見積もりでした。

私の見積もりの4倍でしたから、これは問題外ですね!

ここで「ボッタクリ」回避の裏技のご紹介です。

墓石と墓石の加工や施工方法の確認が取れたら、安い中国材で見積もって貰ってください。

その後に、インドの黒石ですが、クンナムK(高級墓石材)で見積もって貰ってください。

クンナムにもピンキリがありますのが、クンナムKが、ほとんどの業者が扱えるので比較しやすいと思います。

中国材で60万、クンナムKで100万前後でしたら、かなり良心的な石材店です。

このお客さんは予算があると思ったら「黒のいいのは高いですからね!170万はしますよ!」と言ってくる石材店はありますね!

原石の価格は3倍以上しますが、墓石の値段は、加工料、物流費、保険料、施工料、石材店の利益をたしたものです。

他の原価は変わりませんから、石材店さんの利益が多すぎやしませんか?

常識的な利益なら、3倍になんかなる訳がありません。

その他、墓誌だけを単独で頼んだら、大きなものなら15万はする事がありますが、墓石を新規につくるときには、物流費も施工代も僅かな費用で済みます。

良心的な石材店なら、特別高価な石材を使わない限り10万以内が目安でつくってくれます。

もう一つ、外柵(墓石の周りを囲む石)を墓石と同じ石にすると15万円プラスなんて石材店もあります。

何かするたびに,どんどん値段が上がってゆくお店は要注意です。

条件が同じ墓石で、高い石材と安い石材の完成総額の差額が、少ない石材店は、価格に対しては良心的だと思います。

ここまで申し上げたのは、比べることが出来る余裕のある時です。

その時間の余裕を与えないのが、お悔やみ商売という人の弱み狙った一番のボッタクリです。

葬儀の後、葬儀屋さんや住職に聞いて、また新聞の訃報を見て訪問販売をおこなわれます。

故人に、あれもして上げたかった。これもして上げればよかったと想っていらっしゃるご遺族に販売をかけるのです。

四十九日までに建てて納骨するのが決まりだとか、都合のいい出まかせを言ってすり寄ってくるボッタクリです。

1周忌までとか、ご住職によっては、気が済むまで傍に置いておけばいいですとおっしゃる方もおいでになります。

大体悲しみの最中に、先を争って売り込みに来る石屋なんかロクな石屋じゃありません!

長年連れ添った奥様を亡くされた男性は弱いですね!

先のことを考えずにお金を掛けられてしまうケースをよく拝見します。

生前でも亡くなった後でも、余裕を持っておつくりください。

今や、いつまでに納骨をしなければならないという決まりも無いみたいですよ!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

相対的に昔からの地元の石屋さんは高い傾向にあります。

1990年に中国の福建省で墓石の加工がスタートして、自分たちがつくらなくても安い値段で問屋から入ってきていました。

施工費込みで15万位の原価で出来たものが、100万で売れた時代があったわけですから、石屋さんの黄金時代と言いますか、儲かって仕方がない時代があったんです。

ところが中国の人件費は高くなって昔のように安い原価で入らなくなって、更に消費者の予算が下がってきても、仕入れを見直す事もなく昔の儲かった時の体質で販売店をしている小売店はまだまだ多いです。

DSCN1051

家電品が小売店から大手家電量販店へ更にネット販売に変わっているのに、企業努力をしないで、利益ばかりを追求するとボッタクリをするしか無くなるんですね!

時代の流れについていけない石材店は、だましてボッタクレルお年寄りの減少と共に消えて行くでしょう。

インパラブルーの結晶が大きくて多い原石を探しに出かけました。

» 続きを読む