仏事の用語集

GLOSSARY

阿弥陀如来 (あみだにょらい)

「阿弥陀如来」は我が国では一番多く礼拝される四十八願をかけた修行の末、悟りを開いて如来になられた仏さんです。

「極楽」と言えば阿弥陀如来が居られる西方浄土のことですが、キリスト教の「天国」にあたるところです。

無限の寿命を持つことから無量寿如来ともいわれ、限りない光(智慧)と限りない命を持って人々を救い続けられる、西方極楽浄土の教主です。

「南無阿弥陀仏」と唱えたあらゆる人々を必ず極楽浄土へ導くとあり、その信仰は、広く民衆に広まりました。

インパラブルーの結晶が大きくて多い原石を探しに出かけました。

» 続きを読む