仏事の用語集

GLOSSARY

追悼ミサ (ついとうみさ)

追悼ミサはカトリックにおいて行われる故人を追善する儀式で、死亡した日から三日目、七日目、三十日目に親類、知人が参列して仏式の初七日などの法要に近い追悼ミサを行います。

主に故人の没後30日ないしは50日後に盛大な追悼ミサを行い、これが忌明け法要に相当するものになります。

ミサは教会で行われ、ミサのあとはお茶の会などを催し、故人を追悼します。

それ以後は1年目や3年目の死亡した日 (昇天記念日)に追悼のミサをするよう事が多いようです。

参列する際に、お金を包むときには、のし袋に「御花料」と書くのが一般的です。