ブログ

BLOG

それってG-663のことじゃないの?

「母が父のお墓を石材店に薦められて、見積もりまで貰っているんだけれども、高い物なので、その位するものなのか聞きたいんですが?」

年に4~5回はこんなご相談を受けていましたが、このところ多いんですよ!

「墓地は、公営ですか?それとも民営や寺院ですか?」

「地元の地域の墓地です」

「墓地の広さはどれ位ですか?」

「1メートル四方ぐらいです」

「つくられるのは、和墓ですか?」

「洋墓の予定です」

「見積もり書に石材名は書いてありますか?」

「さくら御影で、中国とだけ書いてあります」

「もし私が思っている石なら、どこといった欠点もなく洋墓を作るには綺麗な石ですね」

「お見積りの金額は、いかほどですか?」

「値引きがしてあって、税込みの90万です」

「失礼ですが、建て替えで片づける墓石があるとか、墓地は山の上かなんかですか?」

「いいえ、山じゃないですし買ったばかりの墓地です」

「僕が頭に描いているのは、中国福建省のG-663という石ですが、それは高すぎます。

金額的には、目一杯その墓地で大きな墓石をおつくりしても60万円が相場だと思います。

良心的な石材店なら、石材番号を書いてくれるものですが、他社と競合しない様に、安い石を高く売るためにさくら御影とだけ載せてあるんだと思います」これが同じさくら御影でも、岡山県の万成石なら90万円で妥当だと思います。

この方は、息子さんが問い合わせをされたので、丸め込まれずに済みました。お墓の価格に決まりはありませんが、常識的な値段は、あると思います。