仏事の用語集

GLOSSARY

聖徳太子 (しょうとくたいし)

飛鳥時代の摂政で、用明天皇の第二皇子、母は欽明天皇の皇女・穴穂部間人皇女です。

遣隋使を派遣し大陸の進んだ文化や制度をとりいれて、冠位十二階や十七条憲法を定める。

天皇を中心とした中央集権国家体制を確立し、仏教を取り入れ神道とともに厚く信仰した。

法隆寺・四天王寺を建立する。

インパラブルーの結晶が大きくて多い原石を探しに出かけました。

» 続きを読む