仏事の用語集

GLOSSARY

南都六宗 (なんとろくしゅう)

奈良時代、平城京を中心に栄えた仏教の6つの宗派の総称。

奈良仏教とも言われ、倶舎,成実,律,法相,三論,華厳の各仏教学派の総称です。

学派的要素が強く、仏教の教理の研究を中心に行っていた学僧衆の集まりであったといわれています。

民衆に向けて説かれた仏教とは違い、信仰や教化を一般に広めることはしませんでした。

この時代、仏教は国のためにあるものとして、民衆への布教が禁止されていたからです。