ブログ

BLOG

インパラブルーとインド本銀河!お待たせをいたしました。

コロナの影響で、物流がメチャクチャ遅れていました。

南アフリカやインドの港を出港しているのに、海の上に何日浮かんでいたのでしょう。

インパラブルーと本銀河をお求めのお客様には、大変お待たせをいたしました。

本銀河はすでに工場に入っています。

インパラブルーは、港に着いていますので、通関を通れば工場に入ってきます。

もちろん石の濃さ!

ブルーチップの大きさや数を確認してからの販売になりますが、5月のゴールデンウイーク明けからの加工であれば、ご提案できると思います。

既にご契約がお済であるお客様の石は、予めリスクしてある石を使用いたします。

工場生産が安定した4月の加工を予定しております。

ご心配いりません!本銀河は無い時に、新銀河を薦められたお客様も多かった思います。

新銀河は流通してから、5年以上経過していますので、大きなトラブルはありません!

本銀河は磨いた時に美しくて、銀河の名にふさわしい石目なんですよね!

名前は銀河ですが、サンプルを並べてご覧になると全く違う石目です。若干の価格差なので、私はお待ち頂いても、本銀河をお薦めしていました。

何でも良いからインパラブルー!銀河と付けば何でも良いお客様は、私の会社にご連絡は無いと思います。

吟味して!吟味して!選んでご提案したいと思います。

追伸

コロナの影響で、インド材のコストが上がって来ています。

物流コストの値上がりに加えて、円安の影響が重なって、石材業界は往復ビンタの原価アップになっています。

そうなると必ず出て来るのが、新石種です。

アーバングレー(MD5)に対して新アーバン!M-10に対して、既に新M-10が有りますので、M10Gなんて石の提案が来ていますが、実績のない石は危なくって仕方がないです。

新しい石種の、湖南623と言う名の石が、水を吸って黒くなってしまったブログを上げて、まだ2ヶ月位でしょうか?出て来たばかりなのに、既に丁場STOPの状況です。

良かったー!扱ってなくて!

採掘されたばかりの石は安いですが、経年変化も分からない!今後継続できる丁場なのかも分からないのです。

トラブルになっても、問屋が何とかしてくれる的な考えなのでしょうか?私は工場直の取引だし、気が小さいので、とてもそんなギャンブルは出来ません!

お客様にとっては、一生に一度のお墓づくりなのです。

後々高くついてしまっては、その時だけ安くても何もなりません!

「自然の物なので、これくらいは!」と言い訳にされた話も聞きます。

確かにその通りなのですが、これが一番厄介なのです。

これ位の許容範囲が、その時々の石材店の都合で、変わってしまう事です。

施工実績を案内してもらっても、失敗した墓石の案内をする石材店はありません!

霊園内を案内してもらいましょう。

その際、気になるキズや線の入ったような墓石を見つけたら、「これは嫌ですね!」と伝えておくと良いでしょう。

お客様の譲れない墓石の、合格ラインを伝えるだけでも、かなり違ってきます。

石材店→日本の問屋→中国の石材商社→中国工場と伝わります。                         

伝わっていれば、たいして変わらない金額で、トラブルの少ない石を選んで、キズやナデ、玉を交わして加工してもらうことが出来るのです。

初めてで何を伝えればいいのか分からないと思いますが、後々後悔されない様に、せめて仏石の正面だけは、おかしな物が出るのは交わしてもらった方が良いと思います。

黙っていれば、作りやすい様につくられてしまいます。

このHPには、墓石材の特徴、加工、施工やデザイン、価格を表示いたしました。

「同じ石種が、隣に出来なければ分からない!」と言う石材店さんもいらっしゃいます。

石材店毎におつくりする墓石は違いますから、どの方法が良いのかは私も分かりません!「お墓をこうしておつくりしたい!」という信念が違えば、墓石も違ってきます。

他社は他社!私は私で、安心で価値ある墓石で、価格を競いたいと思います。

ブルーの結晶が沢山入ったインパラブルーの墓石をお求めならご連絡ください!

» 続きを読む