ブログ

BLOG

石のトラブルは、少しの知識で未然に交わす事が出来ます!

私の会社では、墓石についてのご相談で、最も多いのが石の事です。

「G654はどんな石ですか?」「ネットで中国材は危険だと書いてあったのですが、本当ですか?」等、こんなご質問なら簡単にお答えすることが出来ますが、返答に困るトラブル事例やご相談があります。

トラブルで最も多いのが                                          

 ①何ヶ月も経過していないのに、ナデやタマが出て来た

②黒御影石にヒビが入ってきたり、2年位で錆が浮いて来た

③3年位なのに他の墓石と比べて、色褪せたように感じる

④石の一つ一つの色が変わって見える様になった

等の事例です。

石材店にクレームの連絡をされたそうですが「これ位は~?大手石材店でも出ていますよ!」「自然の物ですから!」と言われたそうです。

「どう思いますか?」と聞かれても、他社でおつくりになった墓石のコメントには、差し障りの無いお返事しか出来ません!

原因は

①石のロスを少なくして、安くつくるために、ゴマカシテ納めてきた。

②採掘されたばかりの石は安いので、経年変化の分からないままに販売した。

③経年変化の速い石か、加工段階の研磨で手抜きをされた。

④安くつくっている工場では、一つの石でつくらないで、端材をを組み合わせて作りますから、発色剤と言う名のコーティングがとれた後に、パッチワークの様に見えてきた。

等が理由だと思われます。

「クンナムだと言われて購入したのに、ヒビが入るなんて!お金は出しますから、鑑定してもらえませんか?」とお願いされますが、私は自分のお客様に、安心できる石をご紹介しているだけの石屋です。

鑑定人では無いので、お役にはたてないのです。

「指定石材店なのですが、石の良し悪しを見分けるには、どうしたらいいですか?」と聞かれても、良かろうが悪かろうが、このケースでは、指定石材店の持ってくる石でしか選べません!そちらの石材店と、良くご相談して頂くしか無いのです。

何故なら、私の申し上げた事が、ご相談者を悩ませる結果になってしまうかもしれないからです。

地域的な墓地事情もありますが、指定石材店の有る霊園は、慎重に検討されてください。

「困ったな~」                                          

石のトラブルを避けるには、とにかく石の事に詳しくて、誠実な石材店を選ぶ事です。

初めての方にとって、石材店の営業は誰でも専門家に見えますが、ここで専門家だと思ってしまうと、弱みに付け込まれてしまいます。

この人良く知っているな~と思う石材店は、そんなにいないものです。

私のHPでも他社のHPでも、複数の石材店の説明を読んで、ご希望石種の簡単な知識を学んで下さい。

幾つかのHPを見て頂きたいのは、石材名がどの業者も扱っていて、相見積もりが可能な石種で、検討して頂きたいからです。

もう一つは、正反対や対照的な記事が掲載されていた場合に、間違った情報をドロップして頂く為です。

親切な石材店の記事には、メリットとデメリットが掲載してあります。

メリットはもちろん大切ですが、デメリットを見積もりをお願いしたい石材店に聞いてみてください。

売り込むためのメリットは良く知っていても、デメリットは知らないことが多いのです。

間違った知識やセールストークで誤魔す回答は×です。

知らなくても調べて返事をしてくれるなら、親切な石材店ですから〇です。

クレームにならない様に、デメリットが有っても、お客様の納得が出来る説明がしてくれるのか?どうかなのです。

冒頭でご紹介した石材店の返答に、「これ位は~?大手石材店でも出ていますよ!」がありました。

この石材店は内心「大手でも平気で売っている。価格も大手の半額以下にしているじゃないですか?」なのでしょうね!

相見積もりをして、価格の駆け引きをやり過ぎると、お客様も石材店も、品質に目が行き届かなくなります。

石にも詳しくて、誠実で値段的にも要望に応えてくれそうな石材店が見つかったら、墓地確認とお見積もりをしてもらいましょう。

親切で正直な石材店は、霊園まで来てくれます。

石のデメリットの相談をして、実際に建てられた墓石を観ながら、この位なら許せるけれども、こうなるのはやめて欲しいと、ご自分の納得できる範囲を伝える事です。

誤魔化さずに、嫌な部分を交わした原価で、見積りを出してもらうことです。

誰だって高額で購入したくはありませんが、安くても質が悪くて、後々後悔したくは無いものです。

後は、施主さんの予算に合わせて、石の紹介をしてもらいましょう。       

          

注意!

同じ石種でも、良し悪しがあります。

「自然の物ですから」のフレーズは、石材店の都合のいいセールストーク

に使われていますが、自然の物だからこそ、注意が必要なのです。

石は、やればやる程その難しさに、こわくなります。

採掘の時期、丁場の位置、深さで全く表情が違うのが石材です。

色目や石目の違いが出やすい石種については、画像でのサンプル確認や原石からのサンプルをEMSで郵送してもらって、確認をしています。

コロナで渡航は出来ませんが、やることは同じです。

黒御影に関しては、ズルいかも知れませんが、他社が扱って問題が無かったか?を確かめてから、そのブロックを使用することが多いです。

錆は丁場の位置で判断できますがヒビは、加工後一か月位で出るケースもあるからです。

クインナムのお問い合わせも頂くのですが、クンナム村から何処までを認めるかで、石材関係者で認識が分かれます。

私の場合、地面の中の事など距離で判断できるはずも無く、独特の石目と色目でなければ扱いません!

ブログを読んで頂いているお客様が、見積金額を聞かれて、安いと思われるのでしょうか?施工や追加費の事等、アレコレ確かめられるのですが、平均的な墓所で、HPの加工、構造、施工をした金額です。

安売り屋さんが、私の会社を意識して価格表を利用しているようですが、値段の競争するつもりはありません!

私の会社は、特に綺麗な石の加工に拘りますが、構造も施工もガッツリおつくり致します。

石の評価は、後から出て来るものです。

だからコストはギリギリまで抑えますが、後々後悔の無い様に、今考えられる最善の方法を取る様にしています。

ブルーの結晶が沢山入ったインパラブルーの墓石をお求めならご連絡ください!

» 続きを読む