ブログ

BLOG

多磨霊園でおつくりしたインドPAN(PTR)です。綺麗ですね!

昨年は、多磨霊園で始まり、多磨霊園で令和元年の仕事納めでした。

このお墓をおつくりになった施主様は、昨年当選されたばかりで、奥様のお墓をおつくりになりました。

爺の私より30才位上の大先輩です。

娘さんがネットで当社を探していただいたそうで、メールのやり取りを手伝ってもらいながらおつくりになりました。

昨年の当選では、永代使用許可書が届くのが12月の中旬です。

半月で墓石をおつくり出来たのは、娘さんのフォローとフットワークが素晴らしく、連絡を密に頂けました。

勉強されたのでしょうね!お墓づくりの事をよくご存じでした。

おかげで私どもにも、十分な準備と加工の時間を頂けました。

ネットの世代でなくても、ご家族の手助けがありましたので、想いを込めておつくりになれますね!

施主様は力が入っていて、墓地確認にもご本人が来て頂ける程でした。

近隣の墓石でお気に召したデザインを教えて頂き、石も黒御影と決めておいででしたので、迷わずPANをお薦めしました。

2平米でしたので、昨年小平霊園、青山霊園、横浜等でおつくりした石と同じブロックでおつくり出来ました。

残っているPTRの中でも極細目の綺麗な石でおつくりいたしました。細目の黒御影なので、磨く程に黒さが引き立ちます。

クンナムの温かい色目の黒も良いですが、この石の美しさは、ファイングレインと比べても見劣りしません!もちろんこのクラスになれば、実績もあり性能的にも、勝るとも劣るものではありません!

綺麗な石ですが、採掘は中止になってから久しいので、クンナム並みに偽物が多く、この石が好きで扱いが多い私でも迷う時があります。

「信頼できる取引先だから大丈夫!」なんて人任せにしたら、間違いなく偽物です。

現在クンナムの新しく認可された丁場が、本来あった丁場の端の方なので、まだ様子を見ています。

その為、現在自信をもってお薦めできるインド黒御影は、この石とMUになります。

現在リスクしているブロックを使ってしまったら、また探しに行くしかないのですが、正直「同じように綺麗な石が有るかな~・・・?」って言うのが本音です。

このお墓の全ては、PANでおつくりしています。

コンクリートの見える箇所など全くありません。

私のつくる墓石は、見える部分の総てを磨きますから、納骨室の内部は思いっきり綺麗です。

大切な方を安置する場所なので、私が最も大切にしている箇所です。

価格が変わらないなら、綺麗な方が良いに決まっています。

今回は、同じ石種の中でもランクの高い石を吟味して使用し、加工に手間をかけ、耐震構造に、少し強めの施工をさせて頂きました。

若干過剰品質気味ですが、やりたい事のすべてさせて頂いた墓石です。

勿論、品質以外の経費は、削れるだけ削ってのご提案をしましたが、高品質で、他社と差をつける墓石をつくらせて頂きました。

記憶に残る逸品をつくらせて頂きまして、ありがとうございました。

ご挨拶

ご挨拶が大変遅くなりました。?

今年になって初めてのブログです。

春節直前の危険なオーダーはありませんでしたので、国内加工をすすめながら、

体調を整え、HPの見直しや仕事を振り返りながら、反省などしています。

昨年もお客様の声で、施主様より有難いお言葉を頂戴しましたが、文面を頂く度に、この仕事をやっていてよかったと思います。

墓石は、お客様が故人に送られるメッセージの様なものだと思うのです。

メッセージに予算の大小はありませんよね!

安くおつくりしても「何でもいいから」と言う名前の石は、私の会社には無いのです。

安心できるコストパフォーマンスの高い石からご紹介いたします。

自然の物だから絶対は無いのですが、最初から「ダメなら作り直す」と言う考えはしたくありません!

どちらのお客様にも、いい石を使用して、丁寧に加工して、経験のある職人さんで、つくって頂きたいです。

価格表をお出ししたことで、安売り屋さんに意識されることも多々ありますが、安く売るためにつくった墓石ではありません!

これからも価格競争だけに惑わされること無く、正直にお墓づくりに向き合って行きたいと想います。