ブログ

BLOG

納骨堂なのか?お墓なのか?お悩みでした。

ご相談を受けたときには、「ご子孫はおいでになりますか?」とお尋ねいたします。

今回のご相談者は、子供さんもお孫さんもおいでになりました。

納骨堂をご希望の理由をお尋ねすると「親戚から、お墓のような高い物をつくっても息子や孫が困るだけだから、これからは納骨堂の時代だね」と言われたそうです。

悩まれてご相談があったのは、お墓にお気持ちがあるのではないですか?とお尋ねすると、墓地をすでにお持ちとのことでした。

「ご子孫がおいでになって、金額の事をお考えならお墓の方がよろしいのでは無いですか?」とおすすめしました。

ご相談者にお答えしたのは、納骨堂のメリットとデメリットです。

納骨堂は、便利のいいところで、屋内ですから雨の日でもお参りできます。

しかしかし建物の管理のために、時間の制限があります。

金額的なことを考えると、最初にお墓を建てる費用とお墓を片づける費用がかかりますが、納骨堂は納骨できる人数に制限があり追加納骨時には新たに購入が必要です。

お一人様なら永代供養墓、お二人なら納骨堂や夫婦墓、三人以上であればお墓の作り方しだいで納骨堂より片づけの費用を含めても安くつくかもしれません!

墓地まで電車を乗り継いでいかなければならない様な墓地事情が難しい地域、雪が多くて、季節でお参りできない様な地域には、納骨堂がお勧めですが、墓地までお持ちであれば迷うことなくお墓です。

私も納骨堂のご紹介もしているんですが、どちらも良い部分がありますので、ケースバイケースでご紹介しています。