ブログ

BLOG

日本の石をつかっていくら位ですね!お客さんをバカにしとるのか!

大変まれなご相談でした。

息子さんからのご相談で、父が墓石店にお墓を頼みましたが、大変高額でなんですが、これくらいはするんでしょうか?のご質問でした。

他社の成約済みの金額を私がとやかく言うのは、揉め事の元をつくるようで正直困るご相談です。

でも、出来ませんとも言えないので、「同じ石でもランクがあり、仕様やつくる人で値段の幅があるので何とも言えませんが、石はどんな石をつかわれるんでしょうか?」

「日本の石らしいです」

「あの、どんな石か契約書に書いてないでしょうか?」

「契約書は無いらしいです。石も日本の石をつかってつくるという話だけです」のお返事に、少し驚きましたが、私たちの常識と一般の方の物の見方は違うんだろうなと思いました。

石の事なんか聞いてもわからないし、石屋さんに任せておくのが一番だと考えられるのが普通なのかもしれません。

でも、信用してもらっているからこそ、わかりやすくご説明をして、契約書も交わして販売をしなくてはならないと思います。

「すいません!墓地の広さはどのくらいですか?」

「90センチ四方くらいです」

「民営か寺墓地ですか?」

「村の墓地です」

「何とも申せませんが、日本で最も高額な香川県の庵治石の最もランクの高い石材を国内で加工するとそれくらいにはなりますし、他の産地でも特別な石はそれくらいすることを聞いたことがあります」

「そうですか?ではこのくらいしても仕方がないんですね」

「いいえ、当社の取引のある庵治町の石材会社は、今回作る墓石のサンプルを送ってきて産地証明を付けてどこで加工しますがこれでいいですか?の確認があります。職人気質なんですかね!少し不親切な石材店さんですね!」また、揉め事の種をつくりましたから、悪者にされるんだろうな!でも思いませんか?ふざけるなって!