ブログ

BLOG

京都でおつくりした真壁小目石の墓石です。薄い青目が綺麗ですね!

周りの墓石とも、全く違和感を感ません!

周りで一番多いのが大島石です。

他に庵治、北木等の瀬戸内の墓石材が多い墓地です。

関東では墓石としての地位を確立した石材ですから、悪いはずもありません!

ブランド石に囲まれても見劣りはしないですね!

私より先輩の施主さんですが、ネットで調べられて最初から真壁石とご希望がありました。

上手に選ばれましたね!

現物を見ていただく為に、サンプルをお持ちしたのですが、一目でお気に召していただけました。

真壁石は、白系の細目なので、西の本の方にも気に入っていただく事が多い石です。

自分が細目で青い石が好きなので、薦めやすいというか?薦めてしまいますね!

日本の石の中では、この真壁石や稲田石が、価格的にもお求めやすい石ですが、品質的に劣る訳ではありません!

安定して産出されている事!何と言っても、茨城県産出で、大きな消費地に近く、物流コストも低い事もあるのでしょう。

石の相場は、性能だけでは無いのです。

石の選び方は、必見!失敗しない墓石(お墓の石)の選び方を、日本の石の国内加工をご検討の方は、国産墓石(日本の石)の値段と仕組み・価格表を参考にされてください。

今回の墓石は寿陵墓で、ご自分の墓地に終の棲家をご用意されるという事でした。

ご子孫に負担をかけ無い様にご用意される方も増えましたね!

お墓は残された方のためのものです。

墓地を既にお持ちであれば、供養の面を含めて、お参りして頂く方に、最もやさしい選択なのかもしれません!

もちろん周辺の京都墓と比べて、大きさ的にも見劣りしない様におつくりをいたしました。

京都の住宅密集地の地域墓地でしたが、京都は道が狭いうえに観光地ですから、車や人の通行が多くて、ユニックを止める場所に悩みます。

今回の墓地も私道を通らないといけない場所でした。

私道ですから皆さん車を止めていらっしゃるので、道筋のお家にご挨拶に伺ったのですが、快く駐車移動して頂いて大変助かりました。

墓地は、都立霊園や私立霊園の様に、恵まれた施工条件の所の方が少ない訳ですが、いつも皆さんのご理解を頂いて、仕事をさせて頂いています。

お墓をつくりに行きたいとお願いすると、私たちは何処でも通してもらえる仕事ですね!

作業が終わる大体の時間はお伝えしていましたが、出かけずに待っていてくださったようです。

ありがとうございました!