ブログ

BLOG

墓石文字のお尋ねでした。

「お墓の一番上の石に、建てた人間の名前が入っていますが、建立(こんりゅう)と建之(こんえ)と言うんですか?どちらもあるんですが、どちらが良いのでしょうか?」

「あ~!普段使い慣れていないので、分かりにくいですよね!

建之で(これをたつ)と読むんですよ!

あの古典とか漢文って、昔授業で習ったことありますよね!

かえり文字って言いましたっけ?

何年何月の吉日に、誰々がこのお墓を建てましたと言うことです。」

私は、ほとんどやっていませんでした!

仕事だから知っているだけです!

「ハハ(笑)、大昔の事なので忘れてしまいましたよ!どちらが良いのですか?」

「決まりは無いみたいですよ!最近では、「建之」で彫刻することが多いでしょうかね!」

「もう一つだけ聞いていいですか?先祖墓にしたいのですが、将来誰かが宗旨替えするかもしれないと考えると、正面の文字も悩んでいましてね!近くの石材店に聞いたら、まだ良いっていうのに、見本をつくって来たのですが、まだ洋墓にするか和にするかも決めていないです」

「そうですか?私のHPにも、墓石に刻む文字やデザイン(形)を載せていますので、参考になさってください。分かり難かったら、またお電話ください」とご相談を終わりました。

伝統的な宗旨宗派に拘った文字のお墓も、自由にお気に召した文字のお墓もどちらもいいですね!

著作権にかかるようなことが無くて、みなさんがお参りしたくなる言葉なら、何でもいいのです!

ポ~ンと石材店に丸投げの方もいれば、一生懸命な人っているんですよね!

でも彫刻は、一度彫ってしまうとやり直しがききませんので、納得の行くまで考えられてください。

無料相談は

フリーダイヤル:0120-953-574

メールアドレス:mail@kashiko-ohaka.com

LINE:電話番号検索(058-322-9888)株式会社かしこ

お気軽にご相談ください。