ブログ

BLOG

地元で墓石の販売している仏壇店の店長との話です。

「よお!久しぶり!どうですか商売は?」

「ボチボチかな?墓はアカン!納骨堂で儲けとるだけやな!」

「いいじゃないですか?それなら!」

「何言っとるんや!アンタが基礎工事の写真なんかチラシで配るもんやから、お客が中途半端に知っとるもんやから説明するのに苦労するで」

「悪かったねー。うちの会社の標準工事を載せただけですがね!」

「それはネットだけにしてくれ、チラシに出したらオジーやオバーも知ってしまうやろ!

日本には曖昧という美学があるんやぞ!

何でも正直に説明したらアカンやろ」

「悪かったなー!

そーかーあれが普通なんでね」

よくよく話を聞くと、施工の業者が建て上げに入ったら、墓地が近所なので、おじいさんが気が付いて見に来られたらしく

「基礎工事はやらんのか!鉄筋は入れんのか?」と言われたそうです。

業者さんに「そんな話は聞いてない、今日は帰らせてもらう」と文句を言われたみたいです。

私の顔を見たら、文句の一つも言いたかったんでしょうね!

曖昧の美学なんて、アイツ難しい事知ってるけど、使い方が間違っとる!

対人関係なら白黒はっきりさせないのも美学かも知れないけど、商品の売買や請負契約で、曖昧は反則でっせー!