ブログ

BLOG

「アーバングレーの石のランクですか?ええ、ありますよ!」

アーバングレーをご希望のお客様で、石材店に「うちは、青目のいい石を使っているのでこのくらいの見積もりになります。

安い石材店はランクの低い石を使っているので安いですが、後から変色したりします」と言われたとおっしゃるのです。

「どちらの石材店さんか存じませんが、おっしゃっていることは、正しいと思いますよ!

ランクと言っていいかどうか分かりませんが、極上の青目(透き通るような青)青目、青目で無い石、若干赤い石、玉の多い石、赤目くらいですかね!

石は一つ一つ違いますから、もっと沢山に分かれるかもしれません。

サンプルで比べられましたか?」

「いいえ青目しか扱わないそうで比べることはしませんでした」

「それでは、私は嘘を申しません!信じてくださいだけですね!ただ最初から3番目までの石は扱ってもそれ以外は薦めてはいけないですね!」

「はあ、そーですか?・・・」

「画像では光沢や透明感はわかりませんので、今私が気に入っている石と赤目の石の画像を送りますね!

ちなみに最も高価な石と最も安い石の原価の違いは、名古屋地区8寸の和墓で、3万円ぐらいです。

それ位の違いなら、経年変化の少ない綺麗な石にしますよね」

価格は石材店さんが決められることですが、石の原価だけでお話しすると、それくらいの違いです。