ブログ

BLOG

墓石の図面を見てもらえませんか?

「拝見しますが、何かご心配の部分があるんですか?」

「以前のブログで、見積もりの図面を見て、不良個所を指摘して返された事が書いてあったのでお願いしたいんですが?」

「そうですね!見積もりは、比較されたいので送ってこられているんでしょうから、その図面でお出しして、明らかに強度が弱かったりする場合は、コメントをつける場合がありますが、微妙なグレーゾーンはコメント出来ませんが、それで宜しいですか?」

ときおりこんなご依頼がありますが、みなさんご心配なんでしょうね!

図面だけを見ても正直わからないことが多いです。

使用する石材の強度、基礎工事や施工の仕様などで図面では見えないことが多いです。

墓石には地域性があります。

形、大きさ、納骨の形式、気候等で、図面の作り方が違います。

施工の方法も、地域で全く違います。

「こんな方法があるんですね!」なんて、施工会社さんと墓石の話に花が咲く事がよくあります。

だから、微妙な部分は、墓地も見ていないのにコメントできないです。

一番多いのが、CADの担当者がお墓を知らずに作っていることですね!

だって外国人に丸投げしたら、強度や納骨がしやすい様になんて、配慮出来る訳ないですからね!