ブログ

BLOG

クンナムEはクンナムイーストではありません。

墓石材のインド黒の中で最も高価とされるのが、クンナムです。

高価ですが、騙されやすい石でもあり、偽のクンナムが平気で売られています。

最初からコピーだとわかっているロレックスを買うのとは、わけが違います。

クンナムでつくれば、お墓だってロレックス並みに高額です。

黒石なんて現地まで行っている人間でさえ難しいのに、一般石材店や営業でわかる方は殆ど無いと思います。

他社が提案するクンナムで最も多いのがクンナムEです。

クンナムKで見積もりを依頼されることは少ないです。

でもクンナムEの丁場がどこにあるかを言える石材店は無いと思います。

以前はクンナムイーストの事をクンナムEと言っていましたが、閉山になってから随分経ちます。

クンナムKは若干石目が粗いですが、採掘されてから永く大材も安定してとれます。

何よりもKはクンナム村のKです。

私見ですが、本クンナムと言われた物に近いのはKなんじゃないかと思います。

特別クンナムKに想いがあるわけでも無いのですが、これなら安心して売れます。

イーストはクンナム村の東の方で採掘された石なのでイーストと言われたのではないでしょうか。

クンナムSは比較的安く販売されていますが、クンナム村の南隣にあるセマンガラム村のSです。

隣といってもインドの事ですから何キロも離れています。

並べると石目が全く違うのがわかります。

どこを基準にして東なのでクンナムEだとか、採掘している会社名が、エンタープライズだからEだとかの話を聞くと心配で当社は販売をしない様にしています。

どこで採れているのか分からない石ですよ。

皆さんよく保証書を付けることが出来るなと思います。

僕なんか気が小さいからとっても出来ません!