ブログ

BLOG

中国の磨きは、すぐ劣化します。そんな事はありません。

確かに日本は8~9回の研磨の後にバフで磨き上げますが、中国では5~6回の研磨で少ない工場が多いです。

これは工賃の問題だと思います。

商社や問屋さんが、コストを抑えるために、工賃を抑えるからこうするんです。

これも何でもいいから、安い墓石を要望する石材店の要望に応えるためです。

日本と同じように研磨して貰えばいいじゃないですか。

出来る能力があるんですから。

僕のお願いしている工場は少し工賃が上がりますが、やってくれますよ。

それでも国内でつくるよりは安いです。

中国が悪いのではなくて、やらせてる方にも問題はあると思います。

もう一つ言わせてもらうと中国のボンドは信用できないとの話も伺いますが、日本のボンドがあるんですから使って貰えばいいじゃないですか。

大切なのは、こうして欲しいと伝えてその手間と技術に対して適正な対価を支払うことだと思います。

そうは言っても「この金額で出来なかったらかわるよ!」は、僕のいつもの口癖です。

商売ですからね!