ブログ

BLOG

施工はケースバイケース最小限の経費で有効に! 過剰品質は無駄遣いです。

墓地確認にうかがった時の話です。

この地方に多く見られる水田の中に作られた墓地でした。時々あるのですが、墓地全体がうねった傾斜があり、河川の近くで土壌もやわらかい物でした。

お客様もそれを感じていらっしゃった様で、当社標準仕様の土壌改良や鉄筋の基礎工事が気に入ってご依頼して頂いたとの事でした。

大変申し訳なかったのですが、高さが、低めの墓石で、据え付け工事と耐震施工のみの施工でコストを抑えてお作りになることをお勧めしました。

もちろんご希望であれば、標準で施工させていただきますが、地盤が動いているため基礎工事の効果が小さいと考えたからです。

杭(パイル)を打つにも、岩盤が深いところにある地形で費用がかなりかかります。

そのため傾きにくい墓石のデザインをお勧めすることがベストだと考えたからです。

ご説明をすると、ご理解していただけた様で、デザインの提案をご希望していただけたのでよかったです。

逆に山地に作られた墓地で、地盤が硬く、ツルハシでも掘れないような場合も据え付けのみでコストを抑えて作って頂いております。

そんな硬い物をわざわざ壊して、また硬く作り直す必要の無いことですからね!同じような強度なら少しでも安い方がいいに決まってます。