納骨法要、開眼供養までの手順

how to ceremony

納骨法要の手順

「墓地、埋葬等に関する法律(墓地埋葬法)」でも納骨時期の規定は「必ずいつまでに納骨しなければならない」という決まりはありません。

ただお墓が既にある場合は、一般的に、四十九日の法要当日に合わせて納骨する場合が多いようです。

忌明け法要で親族が集まった時に、納骨式も行うという流れです。

気持ちの整理、お墓の建立等の理由で、永く自宅に置いておく方もいらっしゃいますので、納骨の時期は様々です。

ご自身やご家族が納得するタイミングで納骨されることが大切です。

新たにお墓を建てる場合は、建墓までに2~3ヶ月かかるため、一周忌、お彼岸や初盆といった節目に合わせて納骨をされる場合、新しいお墓が出来上がった時の開眼供養の時に、納骨法要をされる方も多くなりました。

亡くなってから、3ヶ月をまたぐのを嫌い49日より前に納骨する地域や、火葬をされてから、速やかに納骨する地域もあります。

納骨式までの手順

①日程・納骨場所の決定

納骨するには、埋葬許可証が必要です。

これは、死亡届と引き換えに市町村役場や火葬場で受け取ることができます。

このほか、事前に記入しなければいけない書類もあるので、霊園や寺院に確認しておきましょう。

③お寺に法要の依頼

お経を読むといった宗教的な儀式が行われるため、事前に連絡して日程を決めましょう。

法要は、ご家族やご親戚が集まりやすい土日を希望する方が多く、なるべく早めにお坊さんに相談することが良いでしょう。

④石材店に字彫りを依頼


お墓に戒名やお名前を新たに彫る場合は石材店に依頼をしますが、余裕を持って2~3週間はみておくといいでしょう。

(墓石本体に追加彫刻する場合、お性根抜きのお参りをする地域があります)

⑤石材店に納骨式に来てもらう依頼

納骨の日には、石を動かしてお墓の中に納骨をしますが、家族や親族で対応が難しい場合は、事前に石材店連絡して手伝ってもらいます。

(納骨室の入り口を、コーキングでふさぐ地域があります)

⑥納骨に必要な書類の準備

納骨の際には、遺骨埋葬許可証(「火葬許可書」に「火葬執行済」と記載されたもの)を持参します。

霊園墓地を利用するときは、墓や納骨堂の使用名義人の使用許可証と一緒に印鑑を持っていきましょう。

⑦親戚や参列者に連絡

納骨式は基本的に身内だけで行うことが多いですが、電話や招待状で、親戚、参列者に日程の連絡をします。

⑧食事・引き出物の準備

納骨式の後に食事の場を設けられる場合、食事や食事処の予約が必要です。

また参列された方へお渡しする引き出物の準備もしておきましょう。
(近年、ご家族、ご親族の場合、されないケースも増えました)

当日の準備品です。

忘れものがないか、ご確認して下さい。

・ご遺骨

・火葬証明証(埋葬許可証)

・墓地の利用許可書(お寺の墓地や地域墓地では、不要な場合もあります)

・印鑑(認印)

・お数珠

・お供物(お花、果物、お酒、塩、洗い米、故人のお好きだった物、線香、ろうそく等 ですが、お花と線香のみで行われることも増えてきました。宗派や地域でも違いますので、お寺さんにご確認ください)

・お布施(お車代、お斎料も)

・謝礼(石材店)

当日の服装

ご納骨される仏様のご家族は、出来れば礼服で。

・男性はダークスーツに地味なネクタイ

・女性は地味なワンピースかスーツ、色無地の着物

そうでない場合も、なるべく落ち着いた色の服装をこころがけると良いようです。

キリスト教の場合

カトリックは、追悼ミサを行う際、プロテスタントは、1ヵ月目の召天記念日に納骨するのが一般的です。

仏教式と同じように、お墓が準備できていない場合などは、この限りではありません。

また、当日までの準備、当日の服装 に関しては、仏教式が参考になります。

異なる点は、宗教者が神父様(牧師様)であること、お供えはお花になり数珠や線香が不要です。

納骨の流れ

神父様(牧師様)が聖書を読み、参列者は賛美歌を歌い、お祈りをささげ、献花をして終了です。

神道の場合

一般的に、火葬後、速やかに納骨を行いますが、お墓が準備できていない場合等は、五十日祭、一年祭などを目安に、納骨をします。

また、当日までの準備、当日の服装 に関しては、仏教式が参考になります。

異なる点は、宗教者が神官様であることで、お数珠やお線香が不要です。

神官様(神職)が立ち会い、埋葬祭を行います。

神饌とよばれる、塩、水、洗米などをお供えして、お祓い、祭詞奏上の儀式を行い最後に参列者が、玉串奉奠をして終了します。

開眼供養の手順

開眼供養(開眼法要)とは、仏壇、お墓、位牌などを新しく購入する際に、僧侶を招いて読経をして頂く慶事です。

僧侶、親族に連絡をして行います。

家族、親族で行いますが、服装は納骨法要が参考になります。

お供えは、納骨法要が参考になります。

海、山、野のお供えをすることがありますが、スルメではなく昆布かワカメを供えます。

ロウソクは、慶事なので納骨法要の白ではなく、慶事の赤を使いますが、ご住職で違います。