ブログ

BLOG

墓石づくりは、遠距離でもサービスに変わりはありません!

「墓石が割れているので、社長さんがこちらに来る時で良いので、見てもらえませんか?」なんて連絡をもらうと正直「ドキッ!」としますね!

連絡を頂いたのが、午後でしたので、翌朝に墓所で待ち合わせる事にしました。

おつくりしたのが3年前!建墓時の画像確認をして、現地に向いました。

「ヒビが入った事なんて無かったけどな~?」と思いながら走っていました。

気になって仕方が無いので、少し早めに行って、墓石の検査をしました。

一通り見て回ったのですが、トラブルらしいものはありませんでした。

検品を続けていると、施主さんが来られて、「おはようございます。社長すいませんね!こちらにいらっしゃったのですか?」

「いえ!事務所におりましたが、何処ですか?割れている箇所は?」

「えっ!岐阜からいらっしゃったのですか?うわ~!」と申し訳なさそう顔をされて「ここなんですがね!」と指の先には、2センチ位欠けている部分があるのです。

「これは何かが当たったんでしょうね!通路際ですから、何かが当たる事が、稀にあるんですよ!いつ気が付かれましたか?」

「彼岸の時に気づいたのですが?盆より前からあったのかもしれません!」

「そうですか~」お気の毒で、慰めにもならない言葉しか出なかったです。

お墓参り持参される道具で、墓石を欠けさせる様な硬い物はありません!

墓石や造園業者さんの機材や資材が当たらないと、こうはならないと思いますが、申告がないと何とも分からないです。

誰も悪意で当てたりはしないですし、気づかなかったかもしれないからです。

「ここからドンドン割れてくることは無いですか?」

「そんな事は無いです。硬い物が、ほんの少し当たった程度です」

「修理することは出来ますか?」

「取り替えるのは、それこそ大変な費用がかかってしまいます。研磨でゴマカス事も出来ますが、あまり綺麗には直らないですね!私ならこのままにしておきますが~!取り合えず業者さんに聞いて、お見積もりだけはお出ししますので、ご検討してみてください」

「お墓が欠けていたりすると、悪い事が無いですか?」

「そんな事は無いですよ!お車運転されますよね!危ない!と感じる瞬間は無いですか?その時、お墓が代わりに当たって、ご先祖様が守って頂けたかもしれません!不思議な事ってあるんです。ご両親は、旅立つ時に残していった家族の健康や幸せを、考えていらっしゃるはずです。悪い事なんか起きる訳ないじゃないですか?」

「臼井さんは、本当にポジティブですよね!」

「墓石屋が、ネガティブで暗かったら怖くないですか?」(笑)

「で!社長はワザワザこの為に、来てくれたんですか?」

「ビビりましたよ!飛んできました。黒系の石は、ごく稀にヒビが出る事があるんですよ!」

「申し訳なかったな~!こちらに来る時で良いですよ!とメールしましたのに!」

「私の会社を信じて、お墓をつくってもらっています。お客さんが不安な時に、地元で頼んでおけばと思われる様なら石材店として×でしょ!私の様な爺がきて、安心して貰えるなら来るでしょ!岡山まで来るのに4時間チョットあれば来れるので、3時半に出てきました。東京なら5時間だから3時に出れば、8時に着くのです。私の会社は岐阜ですが、霊園周辺の石材店が開く前に着くことが出来れば、遠隔地でもお客さんをお待たせする事は無いはずです。お客さんのお気持ちにお応えできるのは、石屋の誠意しか無いですからね!」

「社長事故にあわないでくださいね!」

「大丈夫!私の会社は、後継ぎがいますから!」(笑)

会社が遠隔地である事を、ご心配されるお客様がまだまだ多いです。

会社の本部や、石材のショールームは岐阜に有りますが、提携する石材店は日本全国にありますので、お客様のお近くからまいります。

墓石を地元の石材店で依頼する時代は、一昔前に終わりました。

今や日本全国で、石材店のサービスやアフターフォローが、出来ない事は無いのです。

トラブルは別ですが、無料の墓地確認等は、建て上げの予定等に合わせて伺っています。お気軽にご連絡ください。

無料のご相談は、フリーダイヤル 0120-953-574

ブルーの結晶が沢山入ったインパラブルーの墓石をお求めならご連絡ください!

» 続きを読む